本を読む、人と会う、旅をする。新たな価値観の獲得に投資しよう! 貯めることばかり考えがちな今、お金を使うことの大切さを説く。

33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由
使うほど集まってくるお金の法則

定価:本体1,300円+税
発売日:2017年04月25日
ISBN:978-4-532-32027-0
並製/四六判/236ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

本を読む、人と会う、旅をする。新たな価値観の獲得に投資しよう! 貯めることばかり考えがちな今、お金を使うことの大切さを説く。

33歳で資産3億つくった著者が43歳で貯金ゼロにした理由。
それは、

「自分への投資に使うと、また稼ぎが増え、節約しなくてもお金は貯まっていく」

つまり、「使えば使うほどお金は貯まる」ということに気づいたから。

投資(お金を使う)をするなら「経験」にお金を使ったほうが、モノにお金を使った場合より自分を豊にする。本当に使える知恵は経験によってしか身につかない。未知の経験、自分を変革させてくれるものにお金を使おう!
貯めることばかりに目が行き勝ちな今、あえてお金を使うこと、その使い方こそが大切であることを伝える1冊。

目次

  1. 第1章 3億を使い切った10年間

    第2章 お金を稼いで使って人生をつくるということ

    第3章 お金を使う軸を持つ

    第4章 可処分所得を高めるためのお金の使い方

    第5章 未来が開けるお金の使い方

著者・監修者プロフィール

午堂 登紀雄(ごどう ときお)

1971年岡山県生まれ。米国公認会計士。
中央大学経済学部卒業後、会計事務所、コンビニエンスストアチェーン本部を経て、世界的な戦略系経営コンサルティングファーム、アーサー・D・リトルに参画。経営コンサルタントとして、IT・情報通信・流通業などの経営戦略立案や企業変革プロジェクトに従事。本業のかたわら不動産投資を始め、1年で3億円を超える賃貸用不動産を取得。2004年に独立。株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズ、株式会社エデュビジョンを設立し、不動産投資コンサルティング事業、ビジネスマッチング事業、教育事業など、複数のビジネスを手がける。起業家・個人投資家だけでなく、ビジネス書作家や講演家としての活動も行っている。
『33歳で資産3億円をつくった私の方法』(三笠書房)、『世帯年収600万円でも諦めない! 夫婦で年収5000万円になる方法』(KADOKAWA)など著書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading