混乱は収まらないのか、世界への影響は、日本の戦略は―。宗教、民族問題、難民、ISまで混乱の要因を現地記者がていねいに解説。

定価:本体890円+税
発売日:2016年11月10日
ISBN:978-4-532-26326-3
並製/新書判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

混乱は収まらないのか、世界への影響は、日本の戦略は―。宗教、民族問題、難民、ISまで混乱の要因を現地記者がていねいに解説。

5年近く内戦が続き、ISを生み出し、難民問題も生じているシリア、秩序が形成できないイラク、強硬路線を選択しつつあるサウジ、米国との宥和を狙うイラン、安定への道を歩もうとするチュニジア--。
IS(イスラム国)、イスラム教内の争い、近隣諸国への難民とシリア問題は国際情勢の危機の震源地となっている。過激派掃討やアサド政権の退陣など何を優先するかをめぐって関係国の間に大きな隔たりがあり、ISなどの掃討には地上部隊の派遣が欠かせないが、米国やアラブ諸国は消極的だ。米国は各国にシリアの安定のために協力を呼びかけているがうまくいっていない。
もうひとつ中東を不安定化させているのが、サウジアラビアとイランを一触即発の状態にしている宗派対立だ。イスラム教徒全体はスンニ派が9割を占める。イスラム教が生まれた現在のサウジアラビアやカタール、アラブ首長国連邦(UAE)などに多い。シーア派はイランやイラクなどに広がる。基本的に多くの信者は他の宗派を敵視しているわけではない。宗派対立が問題になるのは、経済の利権や政治の権力争いに結びつくからだ。
トルコでもクーデター未遂が起きるなど、中東では問題がない国はありえないといっても過言では無い。
本書は、「なぜ中東は崩壊してしまっているのか」という視点から、このような事態を生み出している歴史・経済・政治・社会・民族・宗教など様々な要因を解きほぐし、現地記者の目線で、最新の情報も織り込んで解説する。

著者・監修者プロフィール

日本経済新聞社 (にほんけいざいしんぶんしゃ )

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading