期間限定売買や目一杯勝負、指値注文や気安い方針変更――。少し気をつけるだけで株式投資のリスクは減らせます。注文の出し方に始まり株価指標の見方、信用取引まで、かゆいところに手が届く初心者向け投資指南書。

マネーぜみなーる 株式投資これだけはやってはいけない

定価:本体1,400円+税
発売日:2002年06月13日
ISBN:978-4-532-14986-4
並製/四六判/263ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

期間限定売買や目一杯勝負、指値注文や気安い方針変更――。少し気をつけるだけで株式投資のリスクは減らせます。注文の出し方に始まり株価指標の見方、信用取引まで、かゆいところに手が届く初心者向け投資指南書。

目次

  1. 第1章 株式投資で大損するタイプ----こんな投資家になってはいけない

        1 目一杯勝負は破産の近道
        2 経営危機銘柄には近づくな
        3 自社株全面依存は丁半博打と一緒
        4 勝率至上主義は致命傷に直結
        5 慣れない手法はうまくいかない

    第2章 売買テクニックの基本----これぐらいは知っておこう

        1 場中の株価ウオッチングはアマには無理
        2 指値ぐせは生活破壊パターン
        3 多数銘柄売買は実現不可能
        4 急ぎの注文は事故のもと
        5 期間限定勝負は機関投資家最大の弱点

    第3章 気がつかないうちに陥りやすい失敗

        1 「武田薬品が上がったから二番手のエーザイを買え」は正しいか?
        2 株式分割銘柄の買い時は分割実施前
        3 ギザギザチャートは天井のサイン
        4 薄商い銘柄は価値半減
        5 方針変更は慎重に

    第4章 苦しい時の対処法----負けを軽くすることが勝利への道

        1 ロスカットこそ勝者への最短距離
        2 ミスをした時こそ速やかな対応が肝要
        3 死んだ子の歳は忘れるべし
        4 見栄と意地は証券投資の大敵
        5 迷った時にどうするか

    第5章 飛びついてはいけない----一見儲かりそうだが実は危険なこと

        1 信用ダブル買いは危険度倍増
        2 新高値・新安値銘柄ほど要注意
        3 SQで慌ててはいけない
        4 板は注文の一部分に過ぎない
        5 手口は読めない部分が多い
        6 投資レーティングやアンケート人気銘柄に気をつけろ

    第6章 株価指標 これをチェックするだけで十分だ

        1 サイコロジカルラインは超簡単な指標
        2 騰落レシオは株価の先行指標
        3 二五日線カイリにも異常値はある
        4 ボリュームレシオは東証一部銘柄の判断に
        5 信用売り残増加銘柄を売ってはいけない
        6 信用買い残評価損益率は週に一度のチェックで簡単

著者・監修者プロフィール

東保 裕之(とうぼ ゆうじ)

株式会社ビー・アール・ビー・インベストメント代表取締役。1959年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。1983年山一証券入社、経済調査部、支店営業、株式ディーラーなどを歴任。1999年個人投資家専用投資顧問会社ビー・アール・ビー・インベストメントを設立。 <主な著書>『株式投資これだけはやってはいけない』など

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading