己が剣は求道か殺戮か! 戦国の世にどこからともなく現れ、そして忽然と姿を消した謎多き剣豪・伊藤一刀斎―一刀流を創始した天才兵法者の鮮烈人生をスピード感溢れる筆致で描出した極上のエンターテイメント。

伊藤一刀斎 天下一の剣

定価:本体800円+税
発売日:2015年10月13日
ISBN:978-4-532-28058-1
並製/A6判/288ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

己が剣は求道か殺戮か! 戦国の世にどこからともなく現れ、そして忽然と姿を消した謎多き剣豪・伊藤一刀斎―一刀流を創始した天才兵法者の鮮烈人生をスピード感溢れる筆致で描出した極上のエンターテイメント。

剣豪ものは時代小説のなかでも手堅いファンがいるジャンル。前著『塚原卜伝 古今無双の剣豪』と合わせて読んでほしい、痛快エンターテインメント。

目次

  1. 鬼夜叉

    甕割の太刀

    北条幻庵

    中条流

    極 意

    剣 豪

    京 へ

    剣 聖

    一乗谷

    払捨刀

    弟 子

    夢想剣

    蒼 茫

著者・監修者プロフィール

小島 英記(こじま ひでき)

1945年福岡県生まれ。早稲田大学政治学科卒業。日本経済新聞のパリ特派員、文化部編集委員などを経て作家。剣豪小説に柳生石舟斎の生涯を描いた『孤舟沈まず』、針ヶ谷夕雲を主人公にした『転覆記』、『塚原卜伝 古今無双の剣豪』など。ほかに『宮本武蔵の真実』『第二の男』『男の晩節』『山岡鉄舟』『強情・彦左』『宰相リシュリュー』『小説 横井小楠』など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading