なぜ社内で残念な人ほど、コンビニや駅で反論してこない人に暴言を吐くの? ネット炎上に荷担する人は“エリート”が多い? 中高年の気になる言動から幸せに長く働くヒントを紹介します。

定価:本体850円+税
発売日:2017年08月10日
ISBN:978-4-532-26348-5
並製/新書判/248ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

なぜ社内で残念な人ほど、コンビニや駅で反論してこない人に暴言を吐くの? ネット炎上に荷担する人は“エリート”が多い? 中高年の気になる言動から幸せに長く働くヒントを紹介します。

駅やコンビニで暴言を吐く、上だけを見て仕事する、反論してこない人にだけ高圧的、相手の肩書き・学歴で態度が別人――こんな人、気になりませんか? 本書では、女性の中でも進む、現代人の「ジジイ化」に焦点を当て、健康社会学の視点から、わが国にはびこる「ジジイ」と「粘土層」の生態を分析。70歳現役社会で男女が輝くヒントを紹介します。

目次

  1. プロローグ「ジジイ」化する男女

    第1章 老害はどこから発生するか――他人をバカにする「ジジイ」と「粘土層」     

    第2章 勝ち負けが気になる心理――社会的評価という魔物

    第3章 「偉そうなオジさん」はなぜ存在するのか――見下し行動にひそむ不安
       
    第4章 女をバカにする男たち――組織にみる性差のジレンマ

    第5章 しかし、オジさんたちが日本を救う――「個の確立」という幻想の向こうへ

    終 章 オジさんオバさんが輝く社会のために――フェイクSOCからやる気SOCへ

著者・監修者プロフィール

河合 薫(かわい かおる)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。その後、東京大学大学院医学系研究科に進学し、現在に至る。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに学術研究に関わるとともに、講演や執筆活動を行っている。フィールドワークとして600人超のビジネスマンをインタビュー。著書に『考える力を鍛える「穴あけ」勉強法』『寝る前10分 人生を変えるココロノート』『上司と部下の「最終決戦」』等。メルマガ「デキる男は尻がイイ! ――河合薫の社会の窓」展開中。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading