アジア通貨危機に代表される金融危機には、IMF主導の処方箋では解決できない――。市場、投資、政策、情報、銀行制度、理論面での限界を超えて危機が発生するメカニズムを明らかにし、安定化への政策を提示する。

国際金融危機の政治経済学
グローバル・ファイナンス・リスクへの対応

砂村賢
定価:本体5,000円+税
発売日:2004年12月20日
ISBN:978-4-532-13284-2
上製/A5判/348ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

アジア通貨危機に代表される金融危機には、IMF主導の処方箋では解決できない――。市場、投資、政策、情報、銀行制度、理論面での限界を超えて危機が発生するメカニズムを明らかにし、安定化への政策を提示する。

目次

  1. プロローグ――グローバル・ファイナンス・リンクへの対応

    第1章 グローバル金融システムの基本課題――経済成長の促進と危機への対応
     1 はじめに
     2 国際競争力と信用力の評価
     3 国際金融システムの現実与件
     4 グローバル危機の内在要因と基本的対応の枠組み
     5 金融工学的手法の問題点
     6 基軸通貨のメリットとリスク:分散と収斂の方向

    第2章 金融波乱に学ぶ――歴史の教訓を生かす
     1 はじめに
     2 経済変動の基本要因は投資
     3 金銀複本位制が現代に伝えるヒント
     4 新しい金融手段の開発
     5 政府債務軽減のため信用循環を仕組んだ投機
     6 国際金本位制の基本性格
     7 世界大不況の発生

    第3章 変動相場制下の金融危機――短期資本の移動と未熟な市場の制度機能
     1 はじめに
     2 短期資本の自由移動と投機の実態
     3 変動相場制度下のシステミックな金融リスク
     4 90年代金融危機の実像
     5 通貨危機の共通点と差異点
     6 アジア危機の原因
     7 アジア危機の地域内伝播
     8 ポンド投機とロシア金融危機の意味
     9 まとめ

    第4章 グローバル・ファイナンスの潮流――資本市場の統合、効率化とリスク、通貨競争へ
     1 はじめに
     2 グローバル・ファイナンスの潮流と構造の変化
     3 国際投融資リスクの拡大
     4 国際投融資技術の向上と市場規律の必要性
     5 ドルの強さと弱さ
     6 国際競争の行方

    第5章 ローカル金融市場成立の条件――トリレンマへの政策的制度的対応
     1 はじめに
     2 ローカル金融市場の性格
     3 金融市場機能の向上
     4 制度構築の基本的枠組み
     5 内外均衡達成の政策手段
     6 戦略的バスケット通貨の内容

    第6章 累積債務問題への対応――歴史は繰り返す
     1 はじめに
     2 市場の信用評価
     3 1980年代債務危機の教訓
     4 対外債務管理の基本理念と政策制度能力の向上
     5 債務累積の構造

    第7章 危機管理体制の強化――グローバル・リスクへの対応
     1 はじめに
     2 自由市場機能の限界
     3 危機への対応
     4 システミック・リスク展開の防止
     5 地域的金融協力が最も有効
     6 基本問題の理解

    第8章 国際通貨システムの改革――市場の多様性、制度能力、通貨競争、価値基準、最後の貸し手
     1 はじめに
     2 グローバル化と多様性の包摂
     3 国際通貨の価値基準
     4 IMF・世界銀行の機能強化
     5 地域通貨圏と最後の貸し手

    参考文献・資料
    略語一覧
    用語説明
    索引

著者・監修者プロフィール

砂村 賢(すなむら さとし)

1959年3月京都大学経済学部卒業。東京銀行入行。ロンドン支店勤務、海外経済協力基金課長(出向)、東京銀行香港現地法人代表、メルボルン駐在員事務所長、資金市場第4部長などをへて、1989年取締役兼海外投資部長。1991年世界銀行ワシントン本部特別顧問、1993年バークレイズ銀行東京駐在シニア・マネージング・ディレクター。1996年京都大学留学生センター教授をへて、1999年甲南大学経済学部教授。2003年4月没。 <主な著書>『日本のメインバンク・システム』(第9章、青木・パトリック他編、白鳥正喜監訳、東洋経済新報社、1996)、『マネーマーケットの大潮流』(加野、砂村、湯野編著、東洋経済新報社、1999) <主な論文>「アジアの成長目的と為替金融安定化政策」(1・2、『京大経済論叢)、「カントリーリスクの見方について」(外務省委託調査)、「グローバル・ファイナンス・リスクへの対応」、『甲南経済学論集』(和文版、2002年9月)など英文論文寄稿も含め多数あり。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading