日経を読むための経済学の基礎知識【改訂3版】

定価:本体1,650円+税
発売日:1994年04月08日
ISBN:978-4-532-14276-6
購入画面へ進む

目次

  1. まえがき

    第I部 世界の中の日本経済
     第1章 「バブル」崩壊と平成不況
      1 平成不況の特徴
      2 「バブル」と金融政策
      3 景気回復のシナリオ
     第2章 揺らぐ日本的雇用慣行
      1 日本的雇用慣行
      2 日本的雇用慣行の見直し
      3 変貌する経営システム
     第3章 貿易・経常不均衡と日米経済摩擦
      1 貿易・経済収支の長期的決定要因
      2 日米の長期的経常収支を決定する要因
      3 経常収支の趨勢的傾向と循環的変動
      4 戦略的通商政策と市場開放
     第4章 為替レートの変動と円高問題
      1 為替レートと経常収支
      2 為替レートの決定
      3 円高メリットを活かす経済

    第II部 現代日本の政策課題
     第5章 規制緩和と行政改革
      1 規制緩和の論理
      2 規制の現状と問題点
      3 行政改革の経済分析
     第6章 税制と年金の改革
      1 所得税減税と消費税増税
      2 税の公平と直間比率の是正
      3 年金の改革
     第7章 土地問題と住宅・社会資本の整備
      1 求められる住宅・社会資本の整備
      2 土地政策のあり方
      3 借地・借家法のあり方
     第8章 地球環境問題
      1 地球環境問題の現状
      2 地球環境保全型経済システムの構築

    第III部 金融・証券と日本経済
     第9章 金融の仕組みと金融政策
      1 短期金利とマネーサプライの決定要因
      2 マネーサプライと長期金利
     第10章 金融の自由化
      1 金融自由化の歩み
      2 日本の金融自由化の問題点
      3 金融行政の改革
     第11章 証券市場と金利スワップ・先物・オプション
      1 自由化進む国内社債市場
      2 株式市場の動向
      3 金利スワップと先物・オプション

    参考文献
    索引

著者・監修者プロフィール

岩田 規久男(いわた きくお)

学習院大学経済学部教授。1942年生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院修了。上智大学経済学部教授を経て、1998年より現職。 <主な著書>『昭和恐慌の研究』(編著、第47回日経・経済図書文化賞受賞)、『経済復興』、『デフレと超円高』、『ユーロ危機と超円高恐慌』ほか多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading