テレビ東京・人気番組の文庫化第2弾! 出井伸之、堀場雅夫、安部修仁、新浪剛史など日本経済を牽引する名経営者23人が登場。作家・村上龍ならではの視点から、各人の成功の秘訣と経営者としての人間的魅力に迫る。

カンブリア宮殿 村上龍×経済人 2
できる社長の思考とルール

定価:本体857円+税
発売日:2010年10月05日
ISBN:978-4-532-19559-5
並製/A6判/528ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

テレビ東京・人気番組の文庫化第2弾! 出井伸之、堀場雅夫、安部修仁、新浪剛史など日本経済を牽引する名経営者23人が登場。作家・村上龍ならではの視点から、各人の成功の秘訣と経営者としての人間的魅力に迫る。

日本を代表する経営者をまとめ、未公開のインタビュー部分や、村上氏が書き下ろした「RYU'S EYE」を加えて書籍化します。

目次

  1. まえがき
    I 安全でおいしい食
    II 新しい技術と価値
    III 挫折からの挑戦
    IV 伝統からの脱却
    V 危機感をキープするメジャー企業
    あとがき

著者・監修者プロフィール

村上 龍(むらかみ りゅう)

1952年2月19日生まれ。1976年『限りなく透明に近いブルー』でデビュー(第75回芥川賞受賞)。03年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。2010年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。2016年には『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

テレビ東京報道局 (てれびとうきょうほうどうきょく )

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading