よみがえれ!日本企業
グローバル・スタンダードへの転換

定価:本体1,400円+税
発売日:1997年02月18日
ISBN:978-4-532-16212-2
206ページ
購入画面へ進む

目次

  1. プロローグ

    I リスクと向き合う
    巨額損失事件・不祥事はなぜ起きるのか
    監査法人の古き良き時代は終わった
    金融業は「変化」が常数

    II 絞り込む経営
    米国企業のリストラに学ぶ
    銀行業と経営革新

    III 内輪の論理からの脱却
    閉ざされている日本の市場
    コーポレート・ガバナンスを考える
    東京市場の空洞化は当然

    IV 金融行政を市場原理のもとに
    銀行の経営責任は経営トップにある
    日本版ビッグバンに異議あり

    V グローバリゼーションの意味
    大型合併の時代
    国を超える企業活動
    グローバル経営とは何だろうか

    エピローグ―日本企業再生への提言

著者・監修者プロフィール

八城 政基(やしろ まさもと)

新生銀行社長。1929年東京生まれ。京都大学法学部、東京大学大学院博士課程(国際関係論)修了。1958年にスタンダード・バキューム・オイル日本支社(エッソ石油の前身)に入社。1972年スタンダード・オイル・ニュージャージー(現エクソン・モービル)会長の特別補佐を務め、1974年エッソ石油社長。1989年シティバンク・エヌ・エイ在日代表、1997年シティコープ・ジャパン会長、1999年ニュー・LTCB・パートナーズ代表を経て、2000年3月より現職。 <主な著書>『よみがえれ!日本企業』、『八城政基 NBA講座』

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading