近代化を急ぐ明治から大正の世、東大出の西洋医との出逢いが彼女の人生を変えた。日清・日露の戦勝のかげで、忍苦を強いられる市井の人たち、廓の女たち、それぞれに愛別離苦があった。怒濤の時代には禍福は一緒にやってくるものなのか……人も変わり、町も変わる。でも、恋は変わらない。

波止場浪漫 上

定価:本体1,600円+税
発売日:2014年12月03日
ISBN:978-4-532-17130-8
上製/四六判/300ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

近代化を急ぐ明治から大正の世、東大出の西洋医との出逢いが彼女の人生を変えた。日清・日露の戦勝のかげで、忍苦を強いられる市井の人たち、廓の女たち、それぞれに愛別離苦があった。怒濤の時代には禍福は一緒にやってくるものなのか……人も変わり、町も変わる。でも、恋は変わらない。

清水次郎長の末裔として知られる諸田氏が自らのルーツを小説に仕立てた日経新聞朝刊連載の意欲作。単行本化にあたっては、2007年に新田次郎文学賞を受賞した日経連載の単行本化『奸婦にあらず』に引けを取らない、ぐいぐいと読者をひきつけるストーリー展開を心がけて大幅に加筆修正。

目次


  1. 大正1 カンカン帽
    明治1 ハワイ
    大正2 一葉
    明治2 駆け落ち
    大正3 早春賦
    明治3 土左衛門
    大正4 フリーラブ
    明治4 カラムシ
    大正5 明暗

著者・監修者プロフィール

諸田 玲子(もろた れいこ)

静岡市生れ。上智大学文学部英文科卒。
外資系企業勤務を経て、翻訳・作家活動に入る。96年『眩惑』でデビュー。2003年『其の一日』で吉川英治文学新人賞、07年『奸婦にあらず』で新田次郎文学賞、12年『四十八人目の忠臣』で歴史・時代小説大賞作品質を受賞。
「お鳥見女房」「あくじゃれ瓢六」「天女湯おれん」「狸穴あいあい坂」「きりきり舞」シリーズの他、『空っ風』『灼恋』『月を吐く』『犬吉』『思い出コロッケ』『昔日より』『木もれ陽の街で』『希以子』『青嵐』『遊女のあと』『美女いくさ』『炎天の雪』『お順』『花見ぬひまの』『ともえ』『王朝小遊記』など著作多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading