日本だけではジリ貧、外貨投資で成長する世界経済を取り込め。テレビ東京「モーニングサテライト」でおなじみの人気為替アナリストが、富裕層の資産運用のインタビュー(具体例)を交えて外貨投資の世界を解説。

富裕層に学ぶ外貨投資術
グローバル資産運用の扉を開け

定価:本体1,500円+税
発売日:2015年11月13日
ISBN:978-4-532-35672-9
並製/A5判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

日本だけではジリ貧、外貨投資で成長する世界経済を取り込め。テレビ東京「モーニングサテライト」でおなじみの人気為替アナリストが、富裕層の資産運用のインタビュー(具体例)を交えて外貨投資の世界を解説。


テレビの経済番組への出演で、もともと知名度のある著者ですが、11月1日の新銀行発足にあわせ、さらに露出が増えることが予想されます。帯に著者写真を入れ、アイキャッチとします。

目次

  1. 第1章 なぜ「外貨投資」が必要なのか?

    第2章 米ドルを持つことの意味

    第3章 富裕層は「減らさない」が基本

    第4章 富裕層は外貨投資が常識

    第5章 私たちが参考にできること

著者・監修者プロフィール

尾河 眞樹(おがわ まき)

ファースト・シカゴ銀行、JPモルガンなどの為替ディーリングルームを経て、ソニーの財務部にて為替リスクヘッジと市場調査に従事。シティバンク銀行では、個人金融部門のシニアFXマーケットアナリストとして、為替市場の調査・分析および個人投資家向け情報提供を担当。現在、SMBC信託銀行プレスティア事業部門投資調査企画部長。テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」(火曜)、日経CNBC「朝エクスプレス」「夜エクスプレス」などにレギュラー出演中(火曜)。
著書:『本当にわかる為替相場』(日本実業出版社)、『為替がわかればビジネスが変わる』(日経BP社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading