ビジネス・ゼミナール 簿記入門

定価:本体2,913円+税
発売日:1994年12月02日
ISBN:978-4-532-13078-7
356ページ
購入画面へ進む

目次

  1. はしがき
    プロローグ

    第1部 簿記手続きの基本を学ぶ
      1 簿記記録の流れを見る
      2 取引とは
      3 仕訳とは
      4 勘定科目とは
      5 勘定科目を覚える
      6 取引の二面性という特徴
      7 仕訳のルール
      8 仕訳の考え方を覚える
      9 仕訳の考え方を練習する
      10 仕訳記録をグループ別に勘定口座に再記録する
      11 合計試算表と残高試算表を作る
      12 精算表により貸借対照表と損益計算書を作る
      13 東洋クリーニングの営業を記録する

    第2部 いろいろな取引を記録する
      1 仕訳記録と勘定記録の仕方の復習
      2 現金取引を記録する
      3 預金取引を記録する
      4 商品仕入・売上取引を記録する
      5 手形取引を記録する
      6 仕入・売上取引の記録と決算
      7 固定資産の売買その他の取引を記録する
      8 株式(株券)の売買取引と配当金の受取取引
      9 その他の債権・債務取引
      10 営業経費を記録する(1)
      11 営業経費を記録する(2)
      12 人件費を記録する
      13 勘定の締切り
    練習問題

    第3部 決算をする
      1 決算とは
      2 期首繰越商品残高の期末棚卸高への修正と売上原価の計算
      3 商品期末棚卸高の期末実地棚卸高への修正と棚卸減耗損の計上
      4 商品期末棚卸高の評価替え修正と棚卸評価損の計上
      5 貸倒引当金の設定と貸倒れ引当損の計上
      6 有価証券の評価
      7 減価償却の実施
      8 損益の繰延べ処理
      9 損益の見越し処理
      10 法人税などの計上
      11 決算手順

    練習問題

著者・監修者プロフィール

脇田 良一(わきた よしかず)

1970年 早稲田大学大学院商学研究科博士課程単位取得。商学博士(早稲田大学)。1980年 明治学院大学経済学部教授。2000年 明治学院大学学長。2004年 金融庁/公認会計士・監査審査会常勤委員。ほかに、日本監査研究学会理事、大蔵省公認会計士第2次試験・試験委員、金融庁企業会計審議会委員・第2部会長、金融庁金融審議会委員、日本公認会計士協会・監査問題協議会委員等を歴任。 <主な著書>『財務諸表監査論』(中央経済社)、『財務諸表監査の構造と制度』(中央経済社)、『経済情報監査』(税務経理協会)、『ビジネス・ゼミナール簿記入門』(日本経済新聞社)など

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading