〝あり得ない〟はなぜ現実のものになったのか。――「不確実」の世界を自分の頭で生き抜くために、池上彰から若者へのメッセージ。

池上彰の 世界はどこに向かうのか

池上彰
定価:本体1,400円+税
発売日:2017年04月25日
ISBN:978-4-532-17619-8
並製/四六判/248ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

〝あり得ない〟はなぜ現実のものになったのか。――「不確実」の世界を自分の頭で生き抜くために、池上彰から若者へのメッセージ。

日経新聞本紙朝刊の大人気連載「池上彰の大岡山通信 若者たちへ」の書籍化第3弾!

本書は池上氏が東京工業大学で講義を受け持ち、学生に現代史やニュースの解説をするなかで、
新たに感じたこと、大学生や20代をはじめとする若者たちへ伝えたいメッセージなどを記した一冊。
「トランプ当選」や「Brexit」など、人々の分断やこれからの世界の不確実性などを示すニュースが相次ぐ現代、
なぜ「まさか」が起きたのかを振り返りつつ、「世界はこれからどうなるか」を考えるヒントを綴ります。

目次

  1. 第1部 「米国編」アメリカ・ファーストの衝撃

    第2部 「世界編」〝まさか〟が起こる世界

    第3部 「日本編」この国のあしたを考える

    第4部 「大学編」君たちが生きるヒント

著者・監修者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)

ジャーナリスト。東京工業大学特命教授。
1950年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、1973年にNHK入局。報道記者として、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題を担当する。1994年から11年にわたり「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年よりフリーになり、書籍やテレビ、選挙報道等でニュースをわかりやすく解説し幅広い人気を得ている。著書に『池上彰のやさしい経済学』『池上彰の教養のススメ』など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading