安全で燃えない電池を作る! 元住友銀行副頭取から69歳で起業。エリーパワー社長、吉田博一のリチウムイオン電池開発物語。

燃えない電池に挑む! 69歳からの起業家・吉田博一

竹田忍
定価:本体1,700円+税
発売日:2017年01月27日
ISBN:978-4-532-32128-4
上製/四六判/232ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

安全で燃えない電池を作る! 元住友銀行副頭取から69歳で起業。エリーパワー社長、吉田博一のリチウムイオン電池開発物語。

燃えない電池に余生を賭ける!
遅咲きの起業家・吉田博一とリチウムイオン電池の物語

■リチウムイオン電池に思いを託し、69歳で起業した元バンカー
スマートフォンから電気自動車、再生可能エネルギーまで様々な蓄電に使えるリチウムイオン電池。大量のエネルギーを蓄えるため、発火のリスクが高い。そのリチウムイオン電池に安全性を兼ね備え、さらに大型化した製品を開発する大学発ベンチャー「エリーパワー」を興したのは、元住友銀行副頭取で当時69歳の吉田博一だった。吉田は元バンカーならではの人脈を駆使し、大企業からの出資を募った。住銀を退いた後、慶応大学のEV開発プロジェクトに資金集めで協力し、開発成功につなげた。
■安全性を最優先させたリチウムイオン電池
吉田にはCO2の排出抑制には再生可能エネルギーや電気自動車の普及が欠かせず、高性能の大型蓄電池が必要になるという確信があった。蓄電の性能向上や軽量化だけでリチウムイオン電池の優劣を決する時代は終わろうとしている。EVはこれから本格的な普及期を迎え、安全性最優先は時代の要請だ。これを先取りし、破損しても燃えたり、COを噴き出したりしないリチウムイオン電池の事業化に余生を賭けた。
■エリーパワーの技術開発の苦闘
2008年、富士フイルムホールディングスによる買収が決まった富山化学工業出身の真田秀夫氏に声をかけ、医薬品製造の思想で電池生産ラインを構築。他に類例のない方式での製造は、全工程が企業秘密で行われた。生産ラインにいるのは電機や科学系の生産技術者だけ。電池のエンジニアはいない。ところが吉田の素人の発想が独自構造を生み出す突破口となり、燃えずに電気を供給し続ける大型蓄電池を生み出すことに成功。早速米軍関係者や自動車メーカーが接触してきた。

目次

  1. 第1章 始まりは電気自動車

    第2章 商機はバッテリーにあり

    第3章 燃えない蓄電池の開発史

    第4章 リチウムイオン電池の攻防

    第5章 遅咲きのアントレプレナー

    第6章 バッテリーに託す夢

著者・監修者プロフィール

竹田 忍(たけだ しのぶ)

日本経済新聞編集委員。
1959年大阪生まれ。1983年神戸大学卒業、日本経済新聞社入社。大阪本社編集局社会部、経済部、東京本社編集局産業部で記者、編集委員を務める(コンピューター、エレクトロニクス、機械、エネルギー、建設、医薬、関西財界の各分野を担当)。製造業の国際競争力、イノベーションによる産業活性化、太陽光発電やリチウムイオン電池、原子力などのエネルギー関連が最近の取材テーマ。共著に『200年企業』シリーズ、『超テク これが日本の底力だ』、『日本の製造技術 強さの秘密』、『関西のポテンシャル 伝統文化と成長エンジン』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading