1980年代絶頂だった日本、90年代に復活した米国。この両国の雇用・失業・年金問題を比較し、その特徴と差異、経済の好不調と雇用環境変化への影響、90年代後半に新たに浮上した問題などをつぶさに分析する。

日本経済研究センター・NBER共同研究
【日米比較】企業行動と労働市場

定価:本体3,800円+税
発売日:2001年09月06日
ISBN:978-4-532-13209-5
上製/A5判/247ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

1980年代絶頂だった日本、90年代に復活した米国。この両国の雇用・失業・年金問題を比較し、その特徴と差異、経済の好不調と雇用環境変化への影響、90年代後半に新たに浮上した問題などをつぶさに分析する。

目次

  1. 日本語版刊行に寄せて
    はしがき

    第1章 企業と労働市場の役割:日米比較……橘木俊詔(京都大学教授)
    1 日本企業と労働市場の相違
    2 本書の要約と論点
    3 わが国の企業と労働市場への教訓

    第2章 番兵の交代:資本主義経済の最高峰に向かうアメリカの興隆……R・フリーマン(ハーバード大学教授)
    1 単一ピークの資本主義と多様な形態の資本主義
    2 ピークエコノミーの比較
    3 1990年代アメリカの雇用面での成功はどうして可能だったのか
    4 結論:ピークエコノミーを実現するアメリカと日本の制度

    第3章 HRSデータを用いたオプションバリューの推定……A・サムウィック(ダートマス大学教授)、D・ワイズ(ハーバード大学教授)
    1 はじめに
    2 記述データ
    3 年金資産、給付増加の分布
    4 誘導型による推定
    5 結び

    第4章 技術革新下における統合型技能の希少性:日米プレスライン職場における事例から……中馬宏之(一橋大学教授)
    1 はじめに
    2 調査対象
    3 プレスライン職場の特徴
    4 見出された高度な技能とその特性
    5 高度な技能の具体例
    6 高度な技能の持ち主の割合
    7 高度な技能の形成プロセス
    8 技術革新が技能に及ぼすインパクト
    9 結びにかえて

    第5章 日本の参加型雇用制度……加藤隆夫(コルゲート大学教授)
    1 はじめに
    2 戦後の日本企業における参加型雇用制度の導入
    3 参加型雇用制度の効果
    4 1990年代の参加型雇用制度
    5 おわりに

    第6章 日本企業における雇用調整――――労務費と売上高変動の持つ雇用調整の影響……中田喜文(同志社大学教授)、竹廣良司(同志社大学助教授)
    1 はじめに
    2 日本企業の雇用調整に関する先行研究と近年の理解の変化
    3 正規従業員についての雇用変動の実態
    4 正規従業員の雇用変動(1)――――赤字雇用調整モデルの再検討
    5 正規従業員の雇用変動(2)----通常の部分調整モデルを用いた雇用調整分析
    6 雇用調整の業種間差異
    7 まとめ

    第7章 結局、若者の仕事がなくなった:高齢社会の若年雇用……玄田有史(学習院大学教授)
    1 深刻化する若年雇用
    2 就業構造の変化
    3 雇用の置換効果
    4 年齢別雇用創造・喪失の推計方法
    5 年齢別の雇用変動状況
    6 就業形態・産業・企業規模別の特徴
    7 大規模事業所における労働流入・流出の決定要因
    8 おわりに

    第8章 失職コスト・休暇・労働組合……大竹文雄(大阪大学教授)
    1 はじめに
    2 欠勤・休暇行動の経済分析
    3 データ
    4 推定モデルと記述統計量
    5 推定結果
    6 おわりに

    第9章 福祉における企業の役割……橘木俊詔
    1 はじめに
    2 国際比較
    3 日本の特色
    4 理論的背景
    5 日本企業への提言
    6 結論

著者・監修者プロフィール

橘木 俊詔(たちばなき としあき)

1943年生まれ。小樽商科大学卒業、大阪大学大学院、ジョンズ・ホプキンス大学大学院修了(Ph.D取得)。その後、仏、米、英、独にて研究職、教育臓を歴任。
京都大学経済研究所教授、経済企画庁客員主任研究員、京都大学大学院経済学研究科教授、同志社大学経済学部教授を歴任。
現在 京都女子大学客員教授、京都大学名誉教授。

主著
『個人貯蓄とライフサイクル』(共著、日本経済新聞社、1994年、日経・経済図書文化賞受賞)
『日本の経済格差』(岩波新書、1998年、エコノミスト賞受賞)
『家計からみる日本経済』(岩波新書、2004年、石橋湛山賞受賞)
『日本の教育格差』(岩波新書、2009年)
『教育と格差』(共著、日本評論社、2009年)
『いま、働くということ』(ミネルヴァ書房、2011年) ほか多数

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

ワイズ,デービッド(わいず でーびっど)

1937年生まれ。 カリフォルニア大学にてPh.D.取得。ハーバード大学助教授を経て、現在、ハーバード大学ケネディスクール政治経済学教授、NBER高齢化プログラム・ディレクター。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading