競合店を徹底的に調べ続け、それを上回るための対策を立てれば、必ず勝てる! 価格、レイアウト、重点商品、買物印象度の調査手法、弱点改善のアクションプランなど、実際のチェックシートも使いながら解説する。

定価:本体830円+税
発売日:2005年08月09日
ISBN:978-4-532-11068-0
並製/新書判/200ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

競合店を徹底的に調べ続け、それを上回るための対策を立てれば、必ず勝てる! 価格、レイアウト、重点商品、買物印象度の調査手法、弱点改善のアクションプランなど、実際のチェックシートも使いながら解説する。

目次

  1. [I] 競合店対策はなぜ重要か
     1 競合店対策とは何か
     2 どこが競合店かを知る
     3 目がぶれると、手があやまる

    [II] 競合店の見方・調べ方
     1 競合店調査の3つの目的
     2 調査は継続しないと意味がない
     3 店の見方・調べ方のルール
     4 目的と基準を持って店を見る

    [III] 競合店調査の各手法
     1 価格調査
     2 MD差別化調査(買物印象度調査)
     3 重点商品プロモーション調査
     4 レイアウト調査
     5 棚割り・フェース数調査

    [IV] 評価とアクションプラン
     1 評価から分析へ
     2 部門別MD戦略の立て方
     3 競合店調査から学ぶアクションプラン
     4 チェックリストによる評価

    [V] お客視点で競合店との関係を知る
     1 実際に買う競合店買物調査
     2 買物客をより深く知る方法
     3 商圏ウォッチング法の実際

著者・監修者プロフィール

鈴木 哲男(すずき てつお)

1948年生まれ。71年明治大学商学部卒業。同年、イトーヨーカ堂入社。本部RE(リテイルエンジニアリング部)で、新店・改装店などの店舗企画を手掛ける。また、紳士衣料専門店「ステップス」、アップスケールGMS「エスパ」などの店舗開発、プランニングなどに携わる。90年退社。現在、リテイル・エンジニアリング・アソシエイツ代表。 <主な著書>『52週マーチャンダイジング』(コープ出版)、『実践 店舗活性化マニュアル』、『チェーンストア売場改革の処方箋VMD』、『図解 攻めの店舗「力」』(商業界)、『競合店対策の実際』(日経文庫)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading