過去を知らずして未来は語れない。日米英を中心に19世紀初頭以来、現代に至るまでの経営システムの変遷を長期的視点から概観。行き過ぎた金融資本主義への反省や経済グローバル化の進展などを加筆し、新版化。

経営史 第2版
経営学入門シリーズ

定価:本体860円+税
発売日:2010年03月17日
ISBN:978-4-532-11218-9
並製/新書判/248ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

過去を知らずして未来は語れない。日米英を中心に19世紀初頭以来、現代に至るまでの経営システムの変遷を長期的視点から概観。行き過ぎた金融資本主義への反省や経済グローバル化の進展などを加筆し、新版化。

産業革命を中心としたイギリス企業だけでなく、アメリカ企業の歴史や、第二次大戦後のグローバル企業の軌跡までもバランスよく、コンパクトに解説します。

目次

  1. まえがき

    序章 経営史はなぜ必要か
    I  戦略商品と経済覇権の変遷
    II  会社の誕生――イギリスの産業革命
    III  ビッグ・ビジネスの成立――アメリカの第二次産業革命
    IV  大競争時代――多様化する競争のかたち
    終章 ものづくりとファイナンス――大企業、ベンチャーネットワーク、マネー

    リーディング・ガイド
    参考文献

著者・監修者プロフィール

安部 悦生(あべ えつお)

1949年東京生まれ。東京都立大学経済学部卒、東京大学経済学部中退。一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。81年~83年フルブライト研究員として、アメリカのボストン大学経営学部留学。89年明治大学経営学部教授。92年~93年明治大学在外研究員としてイギリス・ケンブリッジ大学歴史学部留学。97年ロンドン大学(Royal Holloway)にて Visiting Professor 。現在、明治大学経営学部教授。 <主な著書>『ケースブック アメリカ経営史』(有斐閣、2002)、『ケンブリッジのカレッジライフ』(中公新書、1997)、『大英帝国の産業覇権』(有斐閣、1993)、『海外日系企業と人的資源』(共著、同文館、1992)、『経営史』(共著、有斐閣、1987)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading