話をよく聴く上司ほど、部下を不調にしてしまう―多業種を担当する産業カウンセラーが、心が折れる職場の傾向を分析。

定価:本体850円+税
発売日:2016年07月12日
ISBN:978-4-532-26312-6
並製/新書判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

話をよく聴く上司ほど、部下を不調にしてしまう―多業種を担当する産業カウンセラーが、心が折れる職場の傾向を分析。

飲み会なし、雑談なしは危険信号。
なぜあの部署では不調者が多発するのか?

上司がアドバイス上手、「頭のいい人」が周囲にそろっている、「ホウ・レン・ソウ」が重視されている、論理的思考が重視される、無駄口をきかず効率優先……こんな職場こそ、実は心が折れやすい?
パワハラや長時間労働だけではない、不調を起こす職場の本当の理由について、数々の実例を知るプロのカウンセラーがひもとく。


【本書の内容から】

・“打ち合わせのような飲み会"に潜む罠
・ほとんどの人が「泣かない」のは、危険なシグナル
・異動や担当替えが多い会社は、心が折れやすい
・SEが心に問題を抱える意外な理由
・キレ者上司の「アドバイス」は何が問題か
・なぜスピード出世の上司のもとでは部下の心は折れるのか
・「仕事だけ人間」が抱えがちな心の弱さ

目次

  1. 1章 飲み会が少ない職場は危ない

    2章 「アドバイス上手」な上司が部下の心を折る

    3章 なぜ運動部を経験していないと、心が折れやすいのか

    4章 90分のメンタルヘルス研修で、不調者が増える理由         

    5章 心が折れない職場とは?

関連記事リンク

著者・監修者プロフィール

見波 利幸(みなみ としゆき)

産業カウンセラー・キャリアコンサルタント
1961年生まれ。外資系コンピュータメーカーなどを経て、98年野村総合研究所に入社。グループの会社のエディフィストラーニングで、メンタルヘルス関連の研修を中心に開発・実施している。また、企業の従業員と地方自治体の職員に向けて、定期的に相談業務やカウンセリング、およびスーパーバイズや職場復帰支援を行っており、カウンセラーを養成する実技指導などにも携わる。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading