平山郁夫 自伝素描集 私の歩いた道
オリジナルリトグラフ付き特別限定版

定価:本体825,243円+税
発売日:1993年10月05日
ISBN:978-4-532-12229-4
限定2部/豪華額付き
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「私と薬師寺」 ―平山郁夫―
古都奈良、とりわけ薬師寺とは縁浅からぬものを感じる。古刹薬師寺は法相宗に属し、その宗祖が玄奘三蔵である。仏法の真理を求め中国からはるばるインドに旅したあの三蔵法師である。その旅の一端を「仏教伝来」という作品にまとめ、画家として生きる方向を見い出した自分にとっては大の恩人である。
その玄奘の功績を描くことを薬師寺から依頼された。
せっかくのお話であり、この際自らも絵殿を寄進しこれを画業の総決算にしようと無謀にも思いたった。
過去十年ほどの海外での取材は、実はこの壁画を描くためだった。玄奘の歩いた跡はくまなく辿ったつもりである。壁画の総延長は五十メートル近くになろう。恐らく全部の仕事が終わるまでにはなお十年はかかろう。
精も根も尽き果ててしまうかも知れない。しかしそれとて、玄奘が味わった旅の辛さに比べれば易いことなのだろうと思う。

目次

  1. 自伝素描集「私の歩いた道」
    オリジナル・リトグラフ「西の京 薬師寺」

著者・監修者プロフィール

平山 郁夫(ひらやま いくお)

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading