公害や環境破壊を未然に防ぎ、起きてしまった破壊から回復するための法律知識は、多くの人々にとって必要不可欠なものとなってきた。本書は多岐にわたる法体系の全貌をコンパクトに解説する入門書の決定版!

定価:本体1,000円+税
発売日:2007年05月16日
ISBN:978-4-532-11142-7
並製/新書判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

公害や環境破壊を未然に防ぎ、起きてしまった破壊から回復するための法律知識は、多くの人々にとって必要不可欠なものとなってきた。本書は多岐にわたる法体系の全貌をコンパクトに解説する入門書の決定版!

目次

  1. [I] 環境法の全体像

    [II] 環境汚染の防止

    [III] 廃棄物処理とリサイクル

    [IV] 自然保護の仕組み

    [V] 地球環境問題への取り組み

    [VI] 企業の活動と環境保全

    参考文献リスト

    COFFEE BRAK

    用語解説

著者・監修者プロフィール

畠山 武道(はたけやま たけみち)

1944年北海道生まれ。1967年北海道大学法学部卒業。現在、上智大学地球環境学研究科教授。 <主な著書>『現代経済社会と法』(共著、三省堂、1990)、『アメリカの環境保護法』(北海道大学図書刊行会、1992)、『生物多様性保全と環境政策』(共著、北海道大学出版会、2006)、『自然保護法講義<第2版>』(北海道大学図書刊行会、2004)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

大塚 直(おおつか ただし)

1958年愛知県生まれ。1981年東京大学法学部卒業。現在、早稲田大学法学部教授。 <主な著書>『環境法』(有斐閉、2002)、『土壌汚染と企業の責任』(共著、有斐閣、1996)、『循環型社会 科学と政策』(共著、有斐閣、2000)、『環境法学の挑戦』(編著、日本評論社、2002)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

北村 喜宣(きたむら よしのぶ)

1960年京都府生まれ。1983年神戸大学法学部卒業。現在 上智大学法学部教授。 <主な著書>『環境政策法務の実践』(ぎょうせい、1999)、『環境法雑記帖』(環境新聞社、1999)、『自治力の発想』(信山社出版、2001)、『分権改革と条例』(弘文堂、2004)、『自治力の逆襲』(慈学社出版、2006)、『プレップ環境法』(弘文堂、2006)、『自治体環境行政法<第4版>』(第一法規、2006)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading