知力経営 ダイナミックな競争力を創る

定価:本体1,942円+税
発売日:1995年01月10日
ISBN:978-4-532-14342-8
362ページ
購入画面へ進む

目次

  1. PART1 知識はマネジメントを変える
    第1章 リエンジニアリングを超えて
    第2章 知識一次世代の競争力の源泉
    第3章 ダイナミック・ケイパビリティ一根底から競争が変わる
    第4章 創造プロセス一知力経営の原動力

    PART2 知力革新マニュアル
    第5章 知力ビジョン一ケイパビリティ発見とデザイン
    第6章 知識変換競争モデル
    第7章 ハイパーテキスト型組織一知力の基盤整備と組織デザイン
    第8章 コア・プロセスとプロジェクト一知のエンジンのデザイン
    第9章 知力革新ロードマップ

    PART3 知の方法論と創造的環境
    第10章 分類一知識フィールド構築の方法論
    第11章 経験・対話一源泉知識獲得の方法論
    第12章 創造の方法論
    第13章 創知環境一情報技術の創造的活用
    第14章 知識の生産性一組織的創造の新たな指標へ

    PART4 知識社会の日本的経営
    第15章 新知識産業創造の時代
    第16章 普遍の知一日本的経営高度化への道

    参考文献

    索引

著者・監修者プロフィール

紺野 登(こんの のぼる)

KIRO(知識イノベーション研究所)代表、多摩大学大学院経営情報学科教授兼知識リーダーシップ綜合研究所(IKLS)所長。京都工芸繊維大学新世代オフィス研究センター(NEO)特任教授。東京生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業、博報堂を経て1991年独立。博士(経営情報学)。知識経営、デザイン・マネジメントをはじめ、知識経済の経営と組織とイノベーションの研究・コンサルティングにかかわる。 <主な著書>『知識デザイン企業』『日経文庫 ナレッジマネジメント入門』(いずれも日本経済新聞出版社)、『ダイナミック知識資産』(白桃書房)、このほか野中郁次郎氏との共著に『美徳の経営』(NTT出版)、『知識創造の方法論』(東洋経済新報社)、『知識経営のすすめ』(ちくま新書)、『知力経営』(日本経済新聞出版社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

野中 郁次郎(のなか いくじろう)

一橋大学名誉教授
1935年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、富士電機製造勤務を経て、カリフォルニア大学経営大学院(バークレー校)にてPh.D取得。著書に『失敗の本質』『戦略の本質』(各共著)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading