トランプリスク、朴槿恵大統領罷免、広がるポピュリズム……動乱が続く世界の今と、日本の未来を読み解く! 全編・新規書き下ろし。

緊急出版!日経大予測 2017年度、動乱の世界情勢を読む

定価:本体1,200円+税
発売日:2017年04月18日
ISBN:978-4-532-22851-4
並製/四六判/160ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

トランプリスク、朴槿恵大統領罷免、広がるポピュリズム……動乱が続く世界の今と、日本の未来を読み解く! 全編・新規書き下ろし。

緊急出版!
『これからの日本の論点──日経大予測』の特別編!

旋風を巻き起こすトランプ政権と、その動向に神経をすり減らす各国。
世界的なポピュリズムの台頭で、現実のものとなり始めたEU分裂という悪夢
老獪な外交政策を展開するロシア、朴槿恵大統領罷免に揺れる韓国、不安定さを増す中東……

日本の明日を左右する重大問題について、日経のコメンテーター、編集委員・海外特派員が大胆予測。
それぞれの専門分野で、深く丁寧に将来を見通します。


-ポピュリズム──「内向き志向」が世界に蔓延。多国間の協調に逆風が。その間隙を中ロが突く!

-米国──動き出したトランプ政権。安倍-トランプ関係は本当に良好なのか?

-グローバルビジネス──席巻する反グローバリズムの嵐。「心地よいトランプ」が世界経済に停滞をもたらす

-安全保障──豹変した米国の対中姿勢。日本に新たな試練が襲い来る!

-中国──「トランプの影」に翻弄される習近平。次期最高指導部決定を控えた「次の一手」は?

-ロシア──目指すは米欧主導の秩序破壊! 軍事威嚇×工作員による世論操作の「ハイブリッド攻撃」で揺さぶりをかける

-中東──「アラブの春」は終わらない。米国の中東離れで混乱がさらに加速する

-欧州──主要国選挙の動向は?袋小路に追い込まれたEU、再編は避けられない

-韓国──朴槿恵大統領が罷免! 北朝鮮問題や慰安婦問題で日米韓の連携が揺らぐ

目次

  1. 論点01 内向き志向が広がる世界、国際秩序はどう変わるか

    論点02 世界を揺さぶるトランプ外交、その意図は?

    論点03 高まるグローバルリスク~変わる産業構造、日本企業は何に備えるべきか

    論点04 トランプ政権のアジア戦略、「力による平和」に動く~併存する両極のシナリオ

    論点05 トランプ新政権に揺れる世界、中国の次の一手は?

    論点06 ロシアの狙いは米欧主導の秩序破壊

    論点07 米国の「中東離れ」が混乱を加速する

    論点08 きしむEU、分断の悪夢は回避できるか?

    論点09 朴槿恵氏が大統領罷免、新政権が抱える「火種」

著者・監修者プロフィール

日本経済新聞社 (にほんけいざいしんぶんしゃ )

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading