世界的な金融危機による急激な株安や円高は衝撃的だった。そこから得られた教訓をまとめるとともに、80年前の世界恐慌時の市場データを分析するなどして、市場の急変にも耐えられる新しい資産形成術を提示する。

世界金融危機でわかった! しぶとい分散投資術

定価:本体1,500円+税
発売日:2009年02月26日
ISBN:978-4-532-35349-0
並製/四六判/248ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

世界的な金融危機による急激な株安や円高は衝撃的だった。そこから得られた教訓をまとめるとともに、80年前の世界恐慌時の市場データを分析するなどして、市場の急変にも耐えられる新しい資産形成術を提示する。

今回の金融危機から得られた教訓も踏まえた、着実に資産を増やせる運用手法を提案する意欲作。

目次

  1. はじめに―金融危機の今こそ投資について考えよう

    序 章 1929年の大恐慌を克服した長期分散投資
    第1章 金融危機を乗り切るしぶとい投資とは
    第2章 アセットアロケーションの作り方
    第3章 ETFを深く知って収益アップ
    第4章 金融危機でどうする個別株投資
    第5章 外貨とREIT、「高利回り」の狙い方
    第6章 お金の「安全」について真剣に考えよう

    あとがき―「普通の人」の経済的自由のために

著者・監修者プロフィール

田村 正之(たむら まさゆき)

日本経済新聞社編集委員兼紙面解説委員、証券アナリスト(CMA(R))、ファイナンシャル・プランナー(CFP(R))
1986年、早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞社に入社し、証券部、「日経マネー」副編集長、生活経済部次長などを経て現職。
著書に日経文庫『はじめての確定拠出年金』『老後貧乏にならないためのお金の法則』『世界金融危機でわかった! しぶとい分散投資術』『月光!マネー学』(以上、日本経済新聞出版社)、共著に『日本会社原論5』(岩波書店)など。講師歴に立正大学(パーソナルファイナンス概論、非常勤)、一橋大学(寄付講座、アセットマネジメント論)、早稲田大学エクステンションセンター(老後資金形成)、日本ファイナンシャル・プランナーズ(FP)協会などでFP向け研修など。田村優之の筆名で執筆した小説で開高健賞。経済青春小説、ポプラ文庫『青い約束』は14万部超のベストセラー。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading