「理想」の会社制度など存在しない!――日米英独仏五ヵ国の会社制度のメリット、デメリットを解明し、日本の企業システムの強さと弱さを浮き彫りにした意欲作。

企業ガバナンス構造の国際比較

定価:本体3,800円+税
発売日:1997年05月21日
ISBN:978-4-532-13138-8
上製/A5判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「理想」の会社制度など存在しない!――日米英独仏五ヵ国の会社制度のメリット、デメリットを解明し、日本の企業システムの強さと弱さを浮き彫りにした意欲作。

目次

  1. 第1章 ガバナンス構造再検討の視点
    1 コーポレート・ガバナンスとは何か
    2 本書の構成

    第2章 主要国における株式会社制度
    1 株式会社制度の機能
    2 企業の管理構造の国際的な相違
    3 企業管理構造の国際比較のまとめ

    第3章 「経営陣」の内部構造とその実態
    1 各国の経営機構
    2 各国の実態
    3 本章のまとめ

    第4章 資本コストと企業の管理構造
    1 資本コストの概念
    2 資本コストの概念整理
    3 資本コストの計測と最近の動向
    4 資本コストとコーポレート・ガバナンス
    5 本章のまとめ

    第5章 企業の管理構造とそのパフォーマンス
    1 分析の理論的な枠組み
    2 人的資源をめぐる仕組み・慣行
    3 各国企業のガバナンス構造の長所と短所
    4 歴史的観点と本稿の仮説の限界

    第6章 企業ガバナンス構造の変革への圧力と政策対応
    1 ハーモナイゼーションの必要な分野
    2 基本的な企業の管理構造についての対応

    補論

    参考文献
    初出一覧
    図表索引
    索引

著者・監修者プロフィール

深尾 光洋(ふかお みつひろ)

1951年生まれ。京都大学工学部卒業。日本銀行入行。OECDシニア・エコノミストなどを経て、現在は慶應義塾大学商学部教授、経済産業研究所ファカルティフェロー。 <主な著書>『国際金融論講義』(日本経済新聞出版社、2010年)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

森田 泰子(もりた やすこ)

1961年福岡県生まれ、1984年東京大学法学部卒業、日本銀行入行、その後、営業局、金融研究所、調査統計局などを経て、現在日本銀行人事局調査役。<主な論文>『コーポレート・ガバナンスに関する論点整理および制度の国際比較』、(共同執筆)、『金融研究』(第13巻第3号、日本銀行金融研究所、1994年)、『金融業務における特許権の成否一特許法の保護対象について』(共同執筆)、『金融研究』(第14巻第2号、日本銀行金融研究所、1995年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading