基本となる会計用語1,000を厳選し、やさしくコンパクトに解説。財務会計の用語だけでなく、管理会計、法律、経営、事業など幅広い関連領域の用語も収録する。経理担当者必携。新会社法など最新の法律にも対応する。

定価:本体1,000円+税
発売日:2006年09月18日
ISBN:978-4-532-11111-3
並製/新書判/226ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

基本となる会計用語1,000を厳選し、やさしくコンパクトに解説。財務会計の用語だけでなく、管理会計、法律、経営、事業など幅広い関連領域の用語も収録する。経理担当者必携。新会社法など最新の法律にも対応する。

目次

  1. まえがき

    索引

    <新しく採用する用語例>
    ゴーイングコンサーン、MBO、トラッキングストック、TOC、割引現在価値、債権流動化、デットエクイティスワップ、企業結合会計、ソフトウエア、知的財産、ブランド価値、四半期財務情報、リスク情報、MD&D情報、ABM、ABC、DCF法、システムレビュー

著者・監修者プロフィール

片山 英木(かたやま ひでき)

1952年生まれ。1978年早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了後、監査法人中央会計事務所(現みすず監査法人)に入所。現在、みすず監査法人理事長、公認会計士。 <主な著書>『連結会計実務詳解』(中央経済社)、『オフバランス取引の会計と税務』(共著、税務経理協会)、『外貨換算会計の実務』(監修、東洋経済新報社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

井上 雅彦(いのうえ まさひこ)

有限責任監査法人トーマツ パートナー、リース・クレジットインダストリーリースリーダー。(公社)日本証券アナリスト協会検定会員。
日本会計士協会公的年金専門部会専門委員、同協会業種別監査委員会委員(リースを含む)、同協会厚生年金基金理事、同協会厚生年金基金特別プロジェクト専門委員及び・運営委員会委員等を歴任。
【主な著書等】
『事業再編に伴う退職給付制度の設計と会計実務』(日本公認会計士協会第35回学術賞受賞、中央経済社)、『Q&A リースの会計・税務(第3版)』 (日本経済新聞出版社)、『三訂版キーワードでわかるリースの法律・会計・税務』『三訂増補版キーワードでわかる退職給付会計』(以上税務研究会)、『この1冊でわかるリースの税務・会計・法律』(中経出版)、『退職給付会計実務の手引き』(税務経理協会)、『会計用詩辞典』(共編・日本経済新聞出版社)、『退職給付会計の実務Q&A』(共著・税務研究会)、『新しい退職給付制度の設計と会計実務』(共著・日本経済新聞社)、『退職給付債務の算定方法の選択とインパクト』(共著・中央経済社)、『できる支店長になるための7つの方法』(共著・きんざい)、『金融機関のための農業ビジネスの基本と取引のポイント』(共著・経済法令研究会)。その他、会計専門誌等に論文等執筆多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading