新規事業にのめり込み、社員や銀行にはそっぽを向かれる……。社長交代でダメになる会社には、どんな特徴があるのか。伸びる会社の新社長は何をやっているのか。多くの具体例を紹介して、わかりやすく解説する。

二代目が潰す会社、伸ばす会社

定価:本体850円+税
発売日:2013年07月10日
ISBN:978-4-532-26194-8
並製/新書判/232ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

新規事業にのめり込み、社員や銀行にはそっぽを向かれる……。社長交代でダメになる会社には、どんな特徴があるのか。伸びる会社の新社長は何をやっているのか。多くの具体例を紹介して、わかりやすく解説する。

「就任直後に新規事業に手を広げたがる」「番頭社員、古参社員と向いている方向が違う」など、銀行員として数多くの企業を見てきた著者が具体的に説きます。

目次

  1. 第1章 会社を潰すも伸ばすも、カギは後継者

    第2章 「会社を潰さない」ということ

    第3章 若社長は発展途上 社員の力を結集させる

    第4章 先代にできないことをやる 経営革新への取り組み

    第5章 会社を伸ばす社長は、こうして育つ

    参考文献

    おわりに

著者・監修者プロフィール

久保田 章市(くぼた しょういち)

法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科教授。1951年、島根県生まれ。東京大学卒。法政大学大学院修士課程修了。横浜国立大学大学院博士課程単位取得満期退学。三和銀行・UFJ銀行(現三菱東京UFJ銀行)に30年間勤務、支店長・部室長等を歴任。三菱UFJリサーチ&コンサルティング執行役員を経て現職。専門は中小企業経営、経営者育成、地域経済など。主な著書に『百年企業、生き残るヒント』『小さな会社の経営革新、7つの成功法則』『21世紀中小企業の発展過程』(共著)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading