高橋是清の死から61年が過ぎた。大型バブル崩壊、資産デフレそして金融機関の倒産――という現在の危機は、まさしく大正バブルの破裂と同じ軌跡をたどっている。悲運に倒れた3人の蔵相の苦渋と決断をたどりながら、平成大不況の暗い行く末を見つめる。著者久々、渾身の書き下ろし。

金融崩壊
昭和経済恐慌からのメッセージ

塩田潮
定価:本体1,800円+税
発売日:1998年02月20日
ISBN:978-4-532-16243-6
上製/四六判/372ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

高橋是清の死から61年が過ぎた。大型バブル崩壊、資産デフレそして金融機関の倒産――という現在の危機は、まさしく大正バブルの破裂と同じ軌跡をたどっている。悲運に倒れた3人の蔵相の苦渋と決断をたどりながら、平成大不況の暗い行く末を見つめる。著者久々、渾身の書き下ろし。

目次

  1. プロローグ 3人の蔵相
    第1章 70年目の危機
    第2章 大戦景気
    第3章 大正バブル
    第4章 バブル破裂
    第5章 反動不況
    第6章 大震災発生
    第7章 「改革」の季節
    第8章 総行き詰まり
    第9章 金融恐慌
    第10章 超緊縮政策
    第11章 昭和恐慌
    第12章 教訓

著者・監修者プロフィール

塩田 潮(しおた うしお)

1946年高知県吾川郡伊野町(現いの町)生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒業。雑誌編集者、記者などを経てノンフィクション作家に。『霞が関が震えた日』で第五回講談社ノンフィクション賞を受賞。主な著書に、『大いなる影法師』『昭和の教祖 安岡正篤』『金融崩嬢』『田中角栄失脚』『憲法政戦』『熱い夜明け』『辞める首相 辞めない首相』『権力の握り方』『復活! 自民党の謎』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading