無一文から再起し、世界初の即席めん「チキンラーメン」、世界初のカップめん「カップヌードル」を生み出した、日清食品創業者・安藤百福氏のがむしゃら人生。40代になって陥った無一文の状況から、即席めんを発明して日清食品を創業し、世界にインスタントラーメンを広めた男の一代記。

定価:本体695円+税
発売日:2008年08月05日
ISBN:978-4-532-19456-7
並製/A6判/216ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

無一文から再起し、世界初の即席めん「チキンラーメン」、世界初のカップめん「カップヌードル」を生み出した、日清食品創業者・安藤百福氏のがむしゃら人生。40代になって陥った無一文の状況から、即席めんを発明して日清食品を創業し、世界にインスタントラーメンを広めた男の一代記。

2007年1月の逝去に際し、ニューヨーク・タイムズは社説で『ミスターヌードル』を称え、追悼した。麺の源流を辿り中国大陸を歩いた「麺ロードを行く」をあわせて収録。チキンラーメン発売50周年に合わせて文庫化。

目次

  1. はじめに

    第I部 私の履歴書
     即席めん人生――屋台の行列が道示す
     商売への興味――祖父の仕事を見て学ぶ
     尽きぬ事業欲――日本一の「丸松」と組む
     戦時経済――事業のヒントは無限
     終戦――ワナにかけられ拷問
     焦土――土地の買収で再出発
     泉大津に拠点――餓死者を見て、「食」への転向決意
     製塩業――「鉄板に海水」の自己流
     梁山泊――「青年隊」と愉快な日々
     巣鴨プリズン――脱税の疑い、二年戦う
     信組破綻――無借金経営を肝に銘じる
     ラーメン作り――夢追い求め一歩一歩
     油熱乾燥法――てんぷらの原理を応用
     魔法のラーメン――家族総出で商品試作
     量産への道――消費者の声主導で注文殺到
     お墨付き――「特殊栄養食品」の認可
     追い風――時代を味方に大繁盛
     類似品との戦い――「チキン」商標登録確定
     欧米視察――「カップヌードル」の着想得る
     アメリカ日清――三分で「即席」合弁決意
     カップヌードル――容器・ふた、難関を次々克服
     「中間保持」――「めん固定」に逆転の発想
     浅間山荘事件――隊員の食事が大写しに
     特許紛争再燃――実用新案を二十七社に公開
     名誉ある撤退――カップライス、早々に見切り
     食足世平――二十五周年を迎え思い新た
     会長就任――ラーメンの源を探る旅へ
     平成の二大事件――大震災と東食倒産
     ベンチャー奨励――発明の大切さ訴える記念館
     共生の世紀――駆け抜けた人生に悔いなし

    第II部 麺ロードを行く――安藤百福フィールドノート
     「麺」とは小麦粉を面状に延ばしたものである 上海1
     箸の歴史は麺の歴史である          上海2
     現代に通ずる素麺の深い味わい        南京
     饅頭も餃子も麺類である           揚州
     味は通じるもののみに輝く          広州
     日本人好みの味、食は福建に在り       厦門
     普茶料理のふるさとを訪ねる         福州
     成都は薬膳のふるさと            成都
     麺の世界は面に広がる            北京
     西安は麺ロードの中継地である        西安
     回教徒の麺は拉麺の原形か          蘭州
     麺のふるさとは果たして何処         烏魯木斉・吐魯番
     拉麺こそ麺の究極の表現           大同
     人類は麺類                 山東省

    解説 加護野忠雄(神戸大学大学院教授

著者・監修者プロフィール

安藤 百福(あんどう ももふく)

日清食品創業者。1910年生まれ。立命館大学専門学部経済科終了。58年世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明。日清食品を創業。71年世界初のカップめん「カップヌードル」を発明。日清食品の経営にあたりながら、社団法人日本即席食品工業協会会長、財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団理事長、世界ラーメン協会会長などを兼務。2002年勲二等旭日重光章受章。2007年1月逝去。2007年正四位受位。叙位叙勲は「正四位勲二等旭日重光章」となる。 <主な著書>『麺ロードを行く』(講談社)、『100歳を元気に生きる 安藤百福の賢食紀行』(中央公論社)、『食欲礼讃』(PHP研究所)、『インスタントラーメン発明王 安藤百福かく語りき』(中央公論社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading