傑出したリーダーシップが、いまも待望される理由とは?幕末維新最大の功臣にして、日本史上最大で最後の内戦で散った明治の賊臣。もの言わぬ英傑ゆえに数々の伝説が生まれ、近代日本をつくった名も無き人たちが生きたもうひとつの歴史が消えてしまった……。

西郷隆盛伝説の虚実

定価:本体1,800円+税
発売日:2014年05月23日
ISBN:978-4-532-16930-5
上製/四六判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

傑出したリーダーシップが、いまも待望される理由とは?幕末維新最大の功臣にして、日本史上最大で最後の内戦で散った明治の賊臣。もの言わぬ英傑ゆえに数々の伝説が生まれ、近代日本をつくった名も無き人たちが生きたもうひとつの歴史が消えてしまった……。

日本に危機が訪れるたびにわき起こるリーダー待望論。その集団心理に一石を投じる異色の歴史読み物です。

目次

  1. 第1章 禁門の変――政局の舞台に踊り出る
    (1)絶海の孤島からの生還
    (2)長州藩との戦い
    (3)征長軍参謀
    第2章 雌伏の日々――島津久光との不幸な関係
    (1)生涯の主君・島津斉彬
    (2)江戸詰
    (3)一度目の流刑
    (4)二度目の流刑
    第3章 薩摩藩での孤立――敵視・嫉妬・暗殺
    (1)西郷二つの顔
    (2)薩長盟約
    (3)藩内の路線対立
    (4)薩摩藩分裂
    第4章 戊辰戦争の葛藤――権力闘争に勝利する
    (1)西郷の焦燥
    (2)鳥羽・伏見の戦い
    (3)勝海舟との対決
    (4)苦い凱旋
    第5章 戦後処理――廃藩置県の断行
    (1)鹿児島の混乱
    (2)久光の反発
    (3)新政府への失望
    (4)追い詰められた末に
    第6章 朝敵への道――もう一つの維新
    (1)政府のトップに
    (2)深まる苦悩
    (3)政府を去る
    (4)賊臣として死す
    終 章 西郷伝説と明治維新
    幕末維新勢力図
    あとがき

著者・監修者プロフィール

安藤 優一郎(あんどう ゆういちろう)

歴史研究者(日本近世政治史・経済史専攻)
1965年千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業、同大学院文学研究科博士後期過程満期退学。文学博士(早稲田大学)。大学の生涯学習講座の講師のほか、JR東日本「おとなの休日」倶楽部のナビゲーターとして旅好きの中高年の人気を集め、NHKラジオ深夜便などでも活躍。著書に『西郷隆盛と勝海舟』『幕末維新 消された歴史』『島津久光の明治維新』『幕末維新の「不都合な真実」』『相続の日本史』ほか多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading