ホワイトボードにワクを描き、メンバーが議論の枠組みを共有して会議をする。それだけで、1) 意見が出しやすく、2) 意見がかみ合いやすく、3) 議論のヌケモレが防げるように。だから、ワクワクする結果が待っている!

定価:本体1,400円+税
発売日:2009年12月18日
ISBN:978-4-532-49077-5
並製/A5判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ホワイトボードにワクを描き、メンバーが議論の枠組みを共有して会議をする。それだけで、1) 意見が出しやすく、2) 意見がかみ合いやすく、3) 議論のヌケモレが防げるように。だから、ワクワクする結果が待っている!

前著『ファシリテーション・グラフィック』は、ファシリテーションと板書のスキルを使ったクリエイティブな会議を提案したロングセラーです。

目次

  1. はじめに

    序 章 ワクワク会議の七つ道具

    TOOL_NO.1 2分割――シンプルに考えたいときに
    TOOL_NO.2 Tの字――異なる視点を統合したいときに
    TOOL_NO.3 ツリー――網羅的に考えたいときに
    TOOL_NO.4 田の字――優先順位をつけたいときに
    TOOL_NO.5 時系列――順序立てて考えたいとき
    TOOL_NO.6 マンダラ――自由に発想したいときに
    TOOL_NO.7 3つの輪――バランスよく考えたいときに

    終 章 もっとワクワクしよう!

    おわりに
    参考文献

著者・監修者プロフィール

堀 公俊(ほり きみとし)

神戸生まれ。大阪大学大学院工学研究科修了。大手精密機器メーカーにて商品開発や経営企画に従事。95年より組織改革、企業合併、教育研修、コミュニティ、NPOなど多彩な分野でファシリテーション活動を展開。2003年に有志とともに日本ファシリテーション協会を設立し、初代会長に就任。研究会や講演活動を通じてファシリテーションの普及・啓発に努めている。

現 在:堀公俊事務所代表、組織コンサルタン卜、日本ファシリテーション協会フェロー
著 書:『ファシリテーション入門』『ビジュアル ビジネス・フレームワーク』(ともに日経文庫)、『ファシリテーション・ベーシックス』『問題解決フレームワーク大全』(ともに日本経済新聞出版社)、『問題解決ファシリテーター』(東洋経済新報社)など多数

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading