宅急便を生んだ経営のカリスマ・小倉昌男氏。そのもとで直接鍛えられた筆者が、間近に接した言葉と行動から、社員に連綿と受け継がれる小倉イズムの「遺伝子」を解明。常に前進を続けるクロネコの強さの秘密に迫る。

クロネコ遺伝子
生き続ける「小倉昌男イズム」

定価:本体1,400円+税
発売日:2014年11月12日
ISBN:978-4-532-31969-4
並製/四六判/184ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

宅急便を生んだ経営のカリスマ・小倉昌男氏。そのもとで直接鍛えられた筆者が、間近に接した言葉と行動から、社員に連綿と受け継がれる小倉イズムの「遺伝子」を解明。常に前進を続けるクロネコの強さの秘密に迫る。

今なお絶大な人気を誇るカリスマ経営者・小倉昌男氏の経営手法と人材育成方法を、様々なシーンでなされた言動を通じて明らかにする異色の読み物。

目次

  1. 1 こだわり続けた原点

    2 見つめていた心

    3 やさしく言う天才

    4 生き続けるから遺伝子

著者・監修者プロフィール

岡田 知也(おかだ ともや)

1983年、慶應義塾大学法学部卒業後、ヤマト運輸(株)入社。宅急便創始者・小倉昌男氏のもと、経営理論を学ぶ。郵政民営化時に旧郵政公社に転職。後に、郵便事業(株)で集配営業推進部長などを歴任。その後、マイルブリッジ(株)を設立し代表取締役就任、関連会社マイルエキスプレス(株)の代表も務める。配送のラストワンマイルを大切な顧客接点と考え、上場企業から中堅企業までを対象に配送員改革、デマンドチェーン構築などの支援をしている。ペンネーム青田卓也として『社長でなくても変革は起こせる!』 (日本経済新聞出版社)、『【ビジュアル図解】宅配便のしくみ』(同文舘出版)の著書2冊があるほか、専門誌、一般紙への寄稿、講演なども行う。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading