競争力強化のために、いまや欠かせない「会社合併」の実務手続きをコンパクトにまとめた入門書。商法・税法の改正内容を踏まえ、最新情報にアップデート。契約書や書類のフォーマットも多数掲載した決定版です。

会社合併の手引<第4版>

定価:本体0円+税
発売日:2003年08月11日
ISBN:978-4-532-10887-8
並製/新書判/249ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

競争力強化のために、いまや欠かせない「会社合併」の実務手続きをコンパクトにまとめた入門書。商法・税法の改正内容を踏まえ、最新情報にアップデート。契約書や書類のフォーマットも多数掲載した決定版です。

目次

  1. I 合併とは何か
     1 企業組織再編と合併
     2 合併の法律上の性質
     3 新設合併と吸収合併
     4 異種会社間の合併
     5 合併の特殊な利用法

    II 合併についての制約と上手な進め方
     1 合併と独占禁止法
     2 合併に対するその他の制約
     3 上手な合併
     4 合併比率の決め方
     5 合併手続きの概要

    III 承認総会までの実務手続き
     1 合併契約書
     2 合併情報の事前開示
     3 合併契約書の承認総会
     4 合併計画の届出

    IV 承認総会後の実務手続き
     1 債権者の保護
     2 株券の提出手続き
     3 合併反対株主への措置

    V 簡易合併と新設合併
     1 簡易合併手続き
     2 新設合併に特有の手続き

    VI 会計と税務の基本
     1 合併と会計処理
     2 合併と税務

    VII 合併後の実務手続き
     1 合併の登記
     2 合併交付金の支払い
     3 合併の事後開示
     4 合併と株式の取引

著者・監修者プロフィール

竹中 正明(たけなか まさあき)

1928年大阪市に生まれる。1951年慶応義塾大学法学部卒業。1953年慶応義塾大学大学院法学研究科修了、1953年山一證券入社。1970年山一證券調査部長。1993年山一証券経済研究所会長。1980年~1998年法制審議会商法部会委員。現在、慶応義塾大学法学部講師。 <主な著書>『新増資の実務』(至誠堂 1967年)、『会社法実務全書』(共著、ダイヤモンド社 1969年)、『会社分割の法人税務』(共著、財務経済弘報社 1970年)、『すぐ役に立つ改正商法の実務』(共著、東洋経済新報社 1983年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading