日本経済は沸騰寸前? つかまらない深夜のタクシー、街角にあふれる訪日客、五輪特需に湧く建設業……。バブルの予兆を探し歩く。

定価:本体850円+税
発売日:2017年08月10日
ISBN:978-4-532-26346-1
並製/新書判/232ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

日本経済は沸騰寸前? つかまらない深夜のタクシー、街角にあふれる訪日客、五輪特需に湧く建設業……。バブルの予兆を探し歩く。

◎「音楽が鳴り止まぬうちは、踊り続けろ」と
米シティグループの最高経営責任者(CEO)だったチャック・プリンス氏は言った。
昨今出版界では「バブル回顧もの」企画が相次いでいるが、
本書は「過去のバブル」ではなく「今起きつつあるバブル」を探る企画。

◎日本経済は、「バブル期以来」「バブル期超え」を示す指標が相次いでいる。
人手不足の目立つ雇用市場で、有効求人倍率は1.5倍を突破し、高度成長時代の1974年並みになった。

◎一方で、政府・日銀は経済成長と物価上昇率2%を目指し、マネーをジャブジャブに供給し続ける姿勢を崩さない。
この状況が続ければ、経済の実態を上回るマーケットの過熱=バブルが再び起きるし、現にその兆候はそこかしこに見られる。

◎今回のバブルは過去のバブルとは違う形で起きる。株価はなかなか2万円台を定着できず、80年代のような過熱感はない。
一方で債券市場は日銀の管理下のもと、典型的バブル状況。また相続税制度のゆがみをついたアパートローンの膨張、
インバウンド消費を背景とした一部商業地地価上昇など、過去になかった事態が相次いでいる。

◎著者は4月よりBSジャパン『日経プラス10』のメインキャスター(月曜日と水曜日)を担当。
日経新聞のコラムやツイッターともに、このテーマで情報発信している。

目次

  1. 第1章 街角を歩いてみた

    第2章 2020年東京五輪とその先

    第3章 熱狂なき市場のゆがみ

    第4章 繰り返される山々 

    第5章 新たな宴と大いなる巻き戻し

    第6章 日本のバブルのゆくえ

著者・監修者プロフィール

滝田 洋一(たきた よういち)

日本経済新聞社編集委員
1981年慶応大学大学院卒。同年日本経済新聞社入社。金融部、チューリヒ支局、経済部編集委員、論説副委員長、米州総局編集委員などを経て現職。2008年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞。主な著書に『日本経済不作為の罪』『通貨を読む』『金利を読む』『世界経済まさかの時代』『世界経済大乱』。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading