特殊なひらめきは不要! SNSもビッグデータも出口は教えてくれない! 「東北六魂祭」「週刊ジョージア(缶コーヒー)」などを仕掛けたいま注目のクリエーターの手法に学ぶ人を動かす企画力・提案力の磨き方。

企画者は3度たくらむ

梅田悟司 著/池永忠裕 協力
定価:本体1,400円+税
発売日:2015年02月27日
ISBN:978-4-532-31983-0
並製/四六判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

特殊なひらめきは不要! SNSもビッグデータも出口は教えてくれない! 「東北六魂祭」「週刊ジョージア(缶コーヒー)」などを仕掛けたいま注目のクリエーターの手法に学ぶ人を動かす企画力・提案力の磨き方。

企画が会議で通らない、クライアントに刺さらないといった悩みを抱える人に向けて語りかける、企画の発想から人を動かす提案までの超実践手法。

目次

  1. 第一章 企画は世の中を動かすベクトルだ

    第二章 その企画に「たくらみ」はあるか

    第三章 企画者は3度たくらむ

    第四章 事例を基に理解を深める

    第五章 新しい世界をたくらむ

    エピローグ さぁ、オリエンを見つけよう

著者・監修者プロフィール

梅田 悟司(うめだ さとし)

コピーライター
1979年生まれ。上智大学大学院理工学研究科卒。企画会社を経て電通入社。国内外の広告賞・マーケティング賞をはじめ、3度のグッドデザイン賞や官公庁長官表彰などを受ける。最近の仕事に、ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」、リクルート「バイトするなら、タウンワーク。」。TBS日曜劇場のコミュニケーションディレクターも務めるなど、活躍領域を広げている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

池永 忠裕(いけなが ただひろ)

(株)電通 シニア・プランニング・ディレクター
1959年生まれ。大阪芸術大学芸術学部卒。
プロモーション・エージェンシーを経て電通入社後、企業プランディング、マーケティング戦略の立案からプロモーション施策まで幅広い領域で企画業務を行う。
編著に『二十年先の未来はいま作られている』(日本経済新聞出版社)、共著に『買いたい空気のつくり方』(ダイヤモンド社)。
2008年カンヌ国際広告祭プロモ部門審査員。2010~13年ACCマーケティング・エフェクティブネス部門審査員。日本マーケティング協会認定マイスター。未来デザインラボ発起人。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading