夜間高校の教師からスタート、周回遅れで北里研究所入り。常識破りの逆転の発想で遂にノーベル賞に輝いた異色の科学者の半生記。

ストックホルムへの廻り道 私の履歴書

大村智
定価:本体1,600円+税
発売日:2017年09月08日
ISBN:978-4-532-17623-5
上製/四六判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

夜間高校の教師からスタート、周回遅れで北里研究所入り。常識破りの逆転の発想で遂にノーベル賞に輝いた異色の科学者の半生記。

研究費が不足する。産学共同研究にして企業から研究資金の支援をいただこう――
特許料で研究する人はいるが、病院までつくったのは私が初めてではないだろうか――

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智・北里大学特別栄誉教授が歩んできた82年の生涯。それはアカデミズムのエリートが歩む最短経路からは大きくはずれ、前を照らす光もささない険しい山あり谷ありの文字通り「ストックホルムへの廻り道」だった。
異色のノーベル賞学者の自伝にしばしば顔を見せる自賛の言葉は、無邪気な明るさに満ち、多くの読者に希望を与える成功譚になっている。

読みどころは北里研究所でポストを得た大学紛争の余韻が残る70年代前半に、研究を続けるための資金を確保するために米国企業と産学協同研究を始めていくところ。その研究も「流行に乗らない」ことをモットーに新化合物を探すこと。しかも従来であれば「病原菌の働きを抑える」とか「酵素の機能を妨げる」といった活性をまず考え、その活性を持つ物質を探すのが研究の主流だったが、最初に採取した土から化合物を見つけ、性質や活性を調べるという逆転の発想がノーベル賞受賞につながったことだ。受賞理由でもある、のちに寄生虫を殺す薬として動物だけでなく、アフリカなど熱帯の国の感染症への特効薬として莫大な利益を挙げることになる「エバーメクチン」は静岡県伊東市の土から発見されたものだった。
このような常識破りの逆転の発想は、経営危機に瀕していた名門・北里研究所の再建でも発揮され(エバーメクチンの特許料が役立った)、14年間理事長を務めることになった女子美術大学でもばらばらになっていた教授陣をひとまとめにする役割を担わせることになる。
読む人を必ずややる気にさせる希有な自伝である。

目次

  1. 第1章 一期一会

    第2章 自然の中で育つ

    第3章 科学の道へ

    第4章 はばく

    第5章 世紀の発見

    第6章 研究の経営

    第7章 芸術とふれあう

    第8章 仲間とともに

    第9章 郷里を大切に

    第10章 至誠惻怛

著者・監修者プロフィール

大村 智(おおむら さとし)

北里大特別栄誉教授
1935年山梨県生まれ。58年山梨大学卒業、東京都立墨田工業高等学校で夜間部の教諭を5年間務めた。68年北里大学助教授。75年同教授。90年北里研究所所長。2013年から北里大特別栄誉教授。97年ロベルト・コッホ・ゴールドメダル、14年にガードナー国際保健賞など国際的な医学賞を多数受賞し、15年ノーベル生理学・医学賞受賞。同年、文化勲章。絵画の収集家としても知られ女子美術大学の理事長も務めた。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading