人材採用から定着、キャリア開発、労使関係、さらには高齢者処遇など、人事労務部門の幅広い仕事をQ&A形式でわかりやすく解説。労働契約法や改正パート労働法など最新の法制にも対応したロングセラーの最新版。

人事マン入門 第3版

定価:本体900円+税
発売日:2008年12月19日
ISBN:978-4-532-11183-0
並製/新書判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

人材採用から定着、キャリア開発、労使関係、さらには高齢者処遇など、人事労務部門の幅広い仕事をQ&A形式でわかりやすく解説。労働契約法や改正パート労働法など最新の法制にも対応したロングセラーの最新版。

幅広い仕事をこなさなければならない人事労務部門の仕事に必要な基本知識をわかりやすく解説した定番の入門書。

目次

  1. まえがき

    [I] 経営と人事・労務管理
    [II] 採用・評価・配置管理
    [III] 働き方の多様化と制度
    [IV] 能力開発の体系と推進
    [V] 経営組織と意思決定システム
    [VI] 働く人の基本的権利
    [VII] 経営環境、企業経営の変化と新しい課題

著者・監修者プロフィール

桐村 晋次(きりむら しんじ)

1937年山口県に生まれる。1963年東京大学法学部卒業。同年古河電気工業入社。人事部長、取締役経営企画室長、常務取締役を経て、古河物流社長。神奈川大学経営学部教授。この間、筑波大学大学院(夜間)カウンセリング専攻修了。現在、法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻教授、日本産業カウンセリング学会会長。 <主な著書>『人事マン入門』(日経文庫)、『日本的経営の何を残すか』(共著、ダイヤモンド社)、『エンカウンターで進路指導が変わる』(共編著、図書文化社)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading