「オフバランス化」「証券化」など、ニュースで話題の金融用語について、図でわかりやすく説明。経済が苦手な人向けに、基本用語から丁寧に解説し、経済全体の中での金融の役割が理解できる入門書の決定版。

ビジュアル 金融の基本 第3版

定価:本体1,000円+税
発売日:2002年11月15日
ISBN:978-4-532-10967-7
並製/小B6判/166ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「オフバランス化」「証券化」など、ニュースで話題の金融用語について、図でわかりやすく説明。経済が苦手な人向けに、基本用語から丁寧に解説し、経済全体の中での金融の役割が理解できる入門書の決定版。

目次

  1. 第I章 金融と経済活動

    第II章 金融取引と金融市場

    第III章 金融機関の種類と役割

    第IV章 金融商品の基礎とリスク

    第V章 金融取引の仕組み

    第VI章 信用秩序の維持と破綻

著者・監修者プロフィール

高月 昭年(たかつき あきとし)

明海大学経済学部教授。東京大学法学部卒業後、1975年に三井銀行(さくら銀行を経て現三井住友銀行)入行。調査部で、おもに米国と日本の銀行制度や不良債権問題を調査。1999年4月より現職。専門は金融制度論、金融法。 <主な著書>『米国銀行法』(金融財政事情研究会)、『入門日本の金融機関』(共著、東洋経済新報社)、『改正投資信託法』(金融財政事情研究会)、『入門金融』(共編著、有斐閣)、『日米比較不良債権の流動化対策Q&A』(金融財政事情研究会)ほか

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading