「カツオにも右利き、左利きがあり利き腕の側のほうがうまい」「全長二メートル以上の干物」――。美味なる肉と魚を追いかける「冒険する舌」小泉教授の「見てびっくり、食べてビックリ」のビジュアルエッセイ。

小泉武夫の 世にも不思議な食の世界
おれの愛した肉と魚

定価:本体1,500円+税
発売日:2001年07月17日
ISBN:978-4-532-16392-1
並製/四六判/231ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「カツオにも右利き、左利きがあり利き腕の側のほうがうまい」「全長二メートル以上の干物」――。美味なる肉と魚を追いかける「冒険する舌」小泉教授の「見てびっくり、食べてビックリ」のビジュアルエッセイ。

目次

  1. 第1話 牛肉に昇天

    第2話 オキナワは美味しい

    第3話 オキナワは美味美味

    第4話 カニ食い大魔王

    第5話 我が輩はドクター・エビスキー

    第6話 ウイグルで羊を食べ尽くす

    第7話 中国は豚の王国

    第8話 干物は官能的

    第9話 粗は宝だ!!

    第10話 壮絶!マグロの解体

    第11話 スッポンの嘆き

    第12話 塩湖は眩しい

    第13話 鮟鱇に舌ったけ!!

    第14話 忘れ得ぬ味

    第15話 富津物語

    第16話 至福のフグ

    第17話 ミャンマーに首ったけ

    第18話 右利きのカツオ

著者・監修者プロフィール

小泉 武夫(こいずみ たけお)

東京農業大学名誉教授、農学博士、文筆家。1943年福島県の酒造家に生まれる。66年に東京農業大学農学部醸造学科を卒業。82年、東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授に。財団法人日本発酵機構余呉研究所所長。鹿児島大学客員教授、別府大学客員教授などを経て、09年に東京農業大学を定年退職。現在、同大学名誉教授。専門は、醸造学、発酵学、食文化論。 <主な著書>『食あれば楽あり』、『中国怪食紀行』、『食に幸あり』、『食に知恵あり』、『小泉武夫の美味いもの歳時記』などがあり、単著は100冊を超える。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading