復活の鍵は「知恵」にある! 効率優先をやめる。結果を出すための動機とプロセスをデザインする。業務の中に知恵のサイクルを組み込む。『なぜ会社は変われないのか』の変革手法を開発現場で応用した実践事例を詳説。

スコラ式風土改革 現場の「知恵」が働くチームイノベーション

定価:本体1,800円+税
発売日:2009年06月26日
ISBN:978-4-532-31464-4
上製/四六判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

復活の鍵は「知恵」にある! 効率優先をやめる。結果を出すための動機とプロセスをデザインする。業務の中に知恵のサイクルを組み込む。『なぜ会社は変われないのか』の変革手法を開発現場で応用した実践事例を詳説。

トップ、ミドル、フォロワーの役割などを丁寧に解説する実践的テキスト。経営者、管理職を中心に一般ビジネスパーソンにおすすめの一冊です。

目次

  1. まえがき

    プロローグ――「知恵」という名の天然資源を掘り起こす

    第1章 縮んだ職場をウォームアップする〔事例〕
    第2章 知恵の喜ぶ組織風土とは――なぜそこにある知恵が出ないのか
    第3章 「やりながら考える」ストレッチ型のプロジェクト〔事例〕
    第4章 「実行」の中で知恵を呼び出す――「対応力」を鍛えるシチュエーション
    第5章 知の生産のためのインフラをつくり込む〔事例〕

    エピローグ――自然の流れのプロセスをつくる

著者・監修者プロフィール

源明 典子(げんめい のりこ)

(株)スコラ・コンサルト プロセスデザイナー。東京都出身。大手自動車メーカーの販社で店舗営業を担当。大手人材派遣会社のグループ企業で企業教育・研修のコンサルタントを経て、スコラ・コンサルトへ。製造業の研究・開発部門、生産技術部門、スタッフ部門などのコンサルティングに豊富な実績をもつ。風土と事業の両面から課題にアプローチして「組織で知恵を出す」環境をつくる〈チームイノベーション〉や、戦略展開と実行支援、経営サポートなどを幅広く行なう。経営層を対象とした「経営チームづくり」、「スポンサーシップ経営研究会」、「チェンジマネジメント」などの支援にも注力している。 <主な著書>『現場の「知恵」が働くチームイノベーション』(日本経済新聞出版社)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading