社員を幸福にして、会社は発展! 原理原則をはき違え、人材をくさらせるリーダーがなんと多いか。一丸となって危機を打開し、夢を実現するチームをどう育むか。心に火をつけ、最強の日本的組織をつくるには。独自の人間観・経営哲学から具体的に答える。

【実学・経営問答】 人を生かす

定価:本体1,600円+税
発売日:2008年07月16日
ISBN:978-4-532-31407-1
上製/四六判/266ページ
購入画面へ進む
ダウンロード
ポスター
/602 KB
ダウンロード
A3 看板
/1 MB
ダウンロード
POP
/192 KB
ダウンロード
POP
/1 MB

おすすめのポイント

社員を幸福にして、会社は発展! 原理原則をはき違え、人材をくさらせるリーダーがなんと多いか。一丸となって危機を打開し、夢を実現するチームをどう育むか。心に火をつけ、最強の日本的組織をつくるには。独自の人間観・経営哲学から具体的に答える。

京セラ、KDDIを創業し、経営する中で悩み抜いた末にたどりついた、人や組織を生かすための考え方・ノウハウを公開。若手経営者のための経営塾「盛和塾」の問答から厳選して編集。

目次

  1. まえがき

    第一章 活力ある社風をつくる
    見えざる部分が競争力に差をつける
     経営問答1 硬直化した組織を立て直すには
     経営問答2 みなが納得できる評価法はあるか
     経営問答3 社風をよくして、伸びる会社をつくるには
     経営問答4 経営不振を払拭し、社員の心をまとめていくには

    第二章 社員のやる気を引き出す
    夢を描き、心に火をつける
     経営問答5 3K業種の仕事で、社員に夢と誇りを持たせるには
     経営問答6 赤字脱却を果たしたとたん、不満が噴き出した社員をどうすればよいか
     経営問答7 経営理念についてこない社員のベクトルをそろえるには
     経営問答8 営業力の強化には一糸乱れぬ戦闘集団を育てるべきか、個性を重んじるべきか

    第三章 幹部を育てる
    共同経営者をつくる
     経営問答9 会社が拡大するとき、古参社員の処遇をどうするか
     経営問答10 能力に一長一短のある幹部の育成はどのようにすべきか
     経営問答11 社員の経営マインドを高めるには
     経営問答12 責任感ある幹部を育成するには

    第四章 自らを高める
    尊敬されるリーダーとなる
     経営問答13 トップとしての価値判断の基準をどう確立するか
     経営問答14 トップは第一線に出るべきか
     経営問答15 トップの意志を社員に浸透させるには
     経営問答16 社内最年少の社長が、いかにリーダーの役目を果たすか

    終 章 リーダーの役割10カ条

著者・監修者プロフィール

稲盛 和夫(いなもり かずお)

1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長を務める。84年には第二電電(現KDDI)を設立し、会長に就任。2001年より最高顧問。2010年には日本航空会長就任。代表取締役会長を経て、13年より名誉会長。このほか、84年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。
<主な著書>
『稲盛和夫の実学』『アメーバ経営』『ガキの自叙伝』『高収益企業のつくり方』『人を生かす』(ともに日本経済新聞出版社)、『成功への情熱』(PHP研究所)、『生き方』(サンマーク出版)、『働き方』(三笠書房)、『燃える闘魂』(毎日新聞社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading