企業の不祥事多発などをきっかけに監査役の役割に大きな注目が集まっています。何が出来るのか、どこまで出来るのか――「会社のお目付役」の仕事を詳しく解説します。監査報告書の雛形なども掲載しています。

監査役の法律実務<新版>

定価:本体860円+税
発売日:2002年10月15日
ISBN:978-4-532-10866-3
並製/新書判/223ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

企業の不祥事多発などをきっかけに監査役の役割に大きな注目が集まっています。何が出来るのか、どこまで出来るのか――「会社のお目付役」の仕事を詳しく解説します。監査報告書の雛形なども掲載しています。

目次

  1. 第1部 法律編
     1 企業における監査
     2 監査役の資格・選任・終任
     3 監査役の職務
     4 監査役の権限
     5 監査役会
     6 みなし大会社の監査役の職務および権限
     7 大会社・中会社・小会社間の移動
     8 監査役の報酬および監査費用
     9 監査役の責任
     10 委員会等設置会社の監査委員会の監査

    第2部 実務編
     1 監査役の監査システム
     2 監査方針・監査計画・監査の実施と報告
     3 監査役の業務監査
     4 大会社における法定の取締役義務違反
       (商法施行規則第109条第1項)の監査
     5 監査役の貸借対照法および損益計算書の監査
     6 利益の処分または損失の処理に関する議案・法定準備金の積立
       および取崩に関する議案の監査
     7 営業報告書および付属明細書の監査
     8 株主総会の準備・実施・登記等の監査
     9 監査報告書

    資料
       監査役会規程 監査役監査規程(大会社)
       監査役が入手する取締役による確認書の記載例
    COFFEE BREAK
       欧米各国の役員報酬に関する規定 欧米の監査機関
       欧米の業務執行機関 キャッシュ・フロー計算書
       連結財務諸表 連結納税制度

著者・監修者プロフィール

藤野 信雄(ふじの のぶお)

1925年大阪に生まれる。1949年同志社大学法経学部卒。東洋レーヨン(現東レ)入社。法務室主幹、監査役室主幹、関東学園大学教授、帝京平成大学教授、(株)サザビー監査役を経て、現在、監査役研究会幹事、税制研究会幹事。 <主な著書>『ビジネスマンの税務読本』(中央経済社)、『企業の採算のとり方・考え方』(中央経済社)、『売上税の仕組み』(税務経理協会)、『法定広告ABC』(日本経済新聞社)、『新消費税入門』(税務経理協会)、『消費税63Q&A』(中央経済社)、『リース取引の税務と会計』(共著、清文社)、『改正商法と対応戦略』(税務経理協会)、『取締役・監査役のための財務諸表の知識』(共著、日本経済新聞社)、『経営判断のための採算計算入門』(日本経済新聞社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading