「わたしは、いちおう学究の生活をおくってきた。しかし、それはこの道ひと筋ではなかったようにおもう。幾筋もの道を並行して、あるいは前後してたどってきたように感じている。べつないいかたをすればわたしはひとつの人生を何重にもいきてきたのかもしれない」。

行為と妄想
わたしの履歴書

(国立民族学博物館顧問) 梅棹忠夫
定価:本体1,700円+税
発売日:1997年06月16日
ISBN:978-4-532-16220-7
上製/四六判/274ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「わたしは、いちおう学究の生活をおくってきた。しかし、それはこの道ひと筋ではなかったようにおもう。幾筋もの道を並行して、あるいは前後してたどってきたように感じている。べつないいかたをすればわたしはひとつの人生を何重にもいきてきたのかもしれない」。

目次

  1. 1章 幼年のころ

    2章 山への目ざめ

    3章 探検隊の見習士官

    4章 大陸からの引きあげ

    5章 比較文明論への旅だち

    6章 アジアからアフリカへ

    7章 京都大学にかえる

    8章 ヨーロッパと万国博

    9章 博物館づくり

    10章 公私多忙

    11章 文化開発のプランニング

    12章 世界体験

    13章 老年の波乱

著者・監修者プロフィール

梅棹 忠夫(うめさお ただお)

民族学者、比較文明学者。1920年京都府生まれ。1943年京大理学部卒。京大人文科学研究所教授、国立民族学博物館初代館長(現顧問)などを歴任。生態学、情報論、文明論など研究領域は広範にわたる。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading