株主総会の基礎知識から、想定シナリオのつくりかた、研修・リハーサルの方法といった具体的なノウハウまでをコンパクトに解説。2006年施行の会社法や株券電子化制度ほか、最新の情報を盛り込んで全面改訂する。

株主総会の進め方 第2版

中島茂
定価:本体1,000円+税
発売日:2009年01月19日
ISBN:978-4-532-11168-7
並製/新書判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

株主総会の基礎知識から、想定シナリオのつくりかた、研修・リハーサルの方法といった具体的なノウハウまでをコンパクトに解説。2006年施行の会社法や株券電子化制度ほか、最新の情報を盛り込んで全面改訂する。

「再編の際に必要な手続きは」「買収防衛策はどう考えるのか」といった、目的別でのポイントも解説。

目次

  1. まえがき

    [I] 総会運営の目的
    [II] 総会の基礎知識
    [III] 定時総会までのスケジュール
    [IV] 招集通知の作成
    [V] 総会運営、八つのポイント
    [VI] 総会のシナリオとリハーサル
    [VII] 総会当日と総会後の事務

著者・監修者プロフィール

中島 茂(なかじま しげる)

中島経営法律事務所代表。弁護士・弁理士。1977年東京大学法学部卒。リスクマネジメントを中心とした企業法務分野で活躍。
『その「記者会見」間違ってます!』『「不正」は急に止まれない!』『取締役の法律知識』『人気弁護士が教える ネットトラブル相談室』(以上、いずれも日本経済新聞出版社)、『取締役物語』(中央経済社)、『最強のリスク管理』(きんざい)、『意思決定のジレンマ』(監訳、日本経済新聞出版社)ほか著書・訳書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading