製品開発は利益を生み出す源泉! 利益重視の経営を実現するうえで、役割はますます高まっている。製品開発のカギを握る戦略のポイントを解説し、優れた開発を行う強い組織の条件を明らかにする初の体系的入門書。

定価:本体860円+税
発売日:2002年09月11日
ISBN:978-4-532-10862-5
並製/新書判/200ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

製品開発は利益を生み出す源泉! 利益重視の経営を実現するうえで、役割はますます高まっている。製品開発のカギを握る戦略のポイントを解説し、優れた開発を行う強い組織の条件を明らかにする初の体系的入門書。

目次

  1. I 製品開発の本質

    II 製品開発とイノベーション

    III 製品戦略

    IV 製品開発のプロセス

    V 製品開発組織のデザイン

    VI 製品開発プロセスのマネジメント

    VII 企業間関係のマネジメント

    VIII 持続的な製品開発能力の構築

著者・監修者プロフィール

延岡 健太郎(のべおか けんたろう)

1959年広島県生まれ、1981年大阪大学工学部精密工学科卒業、同年マツダに入社。1988年マサチューセッツ工科大学より経営学修士取得、1993年マサチューセッツ工科大学よりPh.D.(経営学博士)取得、1994年神戸大学経済経営研究所助教授、1999年神戸大学経済経営研究所教授、現在一橋大学イノベーション研究センター教授。 <主な著書>『マルチプロジェクト戦略』(日経・経済図書文化賞、有斐閣、1996年)、Thinking Beyond Lean(共著、中国語、韓国語、仏語へも翻訳、Free Press、1998年)、『製品開発の知識』(日経文庫、2002年)、『マネジメント・テキスト MOT[技術経営]入門』(日本経済新聞出版社、2006年)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading