アベノミクスはうまくいっている? 日本経済の戦後70年の軌跡は? 日本経済の現在・過去・未来が丸ごとアタマに入るロングセラー(ゼミナール日本経済入門)を全面刷新。わかりやすく、読みやすい最強テキスト。

新・日本経済入門

定価:本体3,000円+税
発売日:2015年03月20日
ISBN:978-4-532-13457-0
並製/A5判/512ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

アベノミクスはうまくいっている? 日本経済の戦後70年の軌跡は? 日本経済の現在・過去・未来が丸ごとアタマに入るロングセラー(ゼミナール日本経済入門)を全面刷新。わかりやすく、読みやすい最強テキスト。

『ゼミナール日本経済入門』の全面刷新版。記述を大胆に見直し、レイアウトも見やすく変更。ニュースの本質を見抜く力が磨ける内容

目次

  1. 序 章 日本経済TODAY

    第2章 成長と循環を読み解く

    第3章 望ましい物価とは何か

    第4章 財政は再建できるのか

    第5章 金融政策はどう変わったのか

    第6章 日本の貿易に何が起きたのか

    第7章 円の実力を問う

    第8章 変わる産業構造と雇用

    第9章 地球環境とエネルギー問題

    終 章 日本の選択

著者・監修者プロフィール

三橋 規宏(みつはし ただひろ)

1940年生まれ。64年慶應義塾大学経済学部卒業、日本経済新聞社入社。ロンドン支局長、日経ビジネス編集長、編集局科学技術部長、出版局次長、論説副主幹、千葉商科大学政策情報学部教授等を歴任、現在、千葉商科大学名誉教授。主著は『日本経済 創造的破壊』『昭和経済史(下)』(共著)(いずれも日本経済新聞社)、『グリーン・リカバリー』(日本経済新聞出版社)、『環境再生と日本経済』(岩波新書)、『サッチャリズム』(中央公論社)、『サステナビリテイ経営』(講談社)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

内田 茂男(うちだ しげお)

1941年生まれ。65年慶應義塾大学経済学部卒業、日本経済新聞社入社。編集局証券部、日本経済研究センター、東京本社証券部長、論説委員等を歴任、現在、学校法人千葉学園常務理事、千葉商科大学名誉教授。主著は『昭和経済史(下)」(共著)『新生・日本経済』(共著)、『日本証券史3』『これで納得!日本経済のしくみ』(いずれも日本経済新聞社)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

池田 吉紀(いけだ よしき)

1943年生まれ。65年横浜国立大学経済学部卒業、日本経済新聞社入社。編集局工業部、同経済部、データバンク局次長、日本経済研究センター事務局長、日経アメリカ社社長、格付投資情報センター社長、日経済新聞社監査役を歴任、現在、日本経済研究センター特別研究員、大阪経済大学客員教授。主著は『経済分析のためのデータ解説』(共著、日本経済新聞社)、「ゼミナール景気循環入門」(共著、東洋経済新報社)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading