平山郁夫画伯の終生のテーマである仏教伝来の道を描いた既刊「悠遠シルクロード」、「シルクロード夢幻」、「日本逍景」につぐシルクロード4部作最後を飾る作品集。シャルトル河畔、シエナの丘、アクロポリスなどヨーロッパの遺跡、町並みを叙情豊かに描いた作品は、あなたを遙かなる旅に誘います。

ヨーロッパ旅情

定価:本体40,000円+税
発売日:2001年01月16日
ISBN:978-4-532-12357-4
B3判(39×51センチ)
図版=8葉(額装用特製マット付き)
購入画面へ進む

おすすめのポイント

平山郁夫画伯の終生のテーマである仏教伝来の道を描いた既刊「悠遠シルクロード」、「シルクロード夢幻」、「日本逍景」につぐシルクロード4部作最後を飾る作品集。シャルトル河畔、シエナの丘、アクロポリスなどヨーロッパの遺跡、町並みを叙情豊かに描いた作品は、あなたを遙かなる旅に誘います。

目次

  1. シャルトル河畔(1968年)
    シャルトルの朝(1968年)
    ローマの夕(1985年)
    シエナの丘(イタリー)(1966年)
    遠望(フローレンス二題)(1963年)
    ポンテベッキョ(フローレンス二題)(1963年)
    アッシジの丘(1965年)
    アクロポリス アテネ(1965年)

著者・監修者プロフィール

平山 郁夫(ひらやま いくお)

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading