新聞に頻出する漢字の中国と日本における意味の違いや本来の用法を、この分野の碩学が該博な知識でやさしく解説する“時事漢字”の入門書決定版! 普段何気なく使う漢字言葉から時代の気分まで浮かび上がってくる。

平成漢字語往来
世相を映すコトバたち

興膳宏
定価:本体1,500円+税
発売日:2007年03月26日
ISBN:978-4-532-16588-8
並製/四六判/312ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

新聞に頻出する漢字の中国と日本における意味の違いや本来の用法を、この分野の碩学が該博な知識でやさしく解説する“時事漢字”の入門書決定版! 普段何気なく使う漢字言葉から時代の気分まで浮かび上がってくる。

目次

  1. はじめに

    I 甲申(平成16年、2004年)の漢字コトバ

    II 乙酉(平成17年、2005年)の漢字コトバ

    III 丙戌(平成18年、2006年)の漢字コトバ

    おわりに

    索引

著者・監修者プロフィール

興膳 宏(こうぜん ひろし)

1936年福岡市生まれ。京都大学名誉教授。専攻は中国語学・中国文学。文学博士。京都大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程修了。名古屋大学を経て京大文学部教授、京大文学部長を歴任。京大退官後、京都国立博物館長を務めた。 <主な著書>『中国の文学理論』、『乱世を生きる詩人たち』、『異域の眼』、『古典中国からの眺め』、『古代漢詩選』、『中国文学を学ぶ人のために』(編著)など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading