厳しい経済環境の欧州の中で健全・優良な運営を維持している北欧諸国の経済モデルはどう安定性を担保しているのか。わが国経済運営との比較を試みながら北欧4国の経済財政運営モデルの“強さの秘密”に肉薄する。

北欧モデル 何が政策イノベーションを生み出すのか

定価:本体2,400円+税
発売日:2012年11月19日
ISBN:978-4-532-35543-2
上製/四六判/274ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

厳しい経済環境の欧州の中で健全・優良な運営を維持している北欧諸国の経済モデルはどう安定性を担保しているのか。わが国経済運営との比較を試みながら北欧4国の経済財政運営モデルの“強さの秘密”に肉薄する。

4カ国共通の制度・政策について総合的に解説した初の一冊です。

目次

  1. はじめに--新しい「北欧モデル」を探る
    プロローグ 政策イノベーションを生み出すもの
    第1章 北欧労働市場の特徴と日本へのインプリケーション
    第2章 北欧の金融危機と金融政策のイノベーション
    第3章 北欧諸国の税・財政システム
    第4章 負担と受益の対応関係
    第5章 スゥエーデンの年金制度
    エピローグ 北欧モデルから何を学べるのか
    参考文献
    著者プロフィール

著者・監修者プロフィール

翁 百合(おきな ゆり)

日本総合研究所副理事長、NIRA総合研究開発機構理事
1982年慶應義塾大学経済学部卒業。1984年慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了後、日本銀行勤務。1992年日本総合研究所副主任研究員。同主任研究員、主席研究員、同理事をへて2014年から同副理事長。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

西沢 和彦(にしざわ かずひこ)

1965年生まれ。1989年一橋大学社会学部卒業、三井銀行入行。1998年さくら総合研究所出向、2001年日本総合研究所調査部主任研究員。2002年法政大学大学院修士課程(経済学)修了。現在、日本総合研究所調査部上席主任研究員。 <主な著書>『年金制度は誰のものか』(日経・経済図書文化賞受賞、日本経済新聞出版社、2008年)、『税と社会保障の抜本改革』(日本公認会計士協会学術賞受賞、日本経済新聞出版社、2011年)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

山田 久(やまだ ひさし)

(株)日本総合研究所調査部長/チーフエコノミスト、博士(経済学)
1987年京都大学経済学部卒業、同年住友銀行入行、91年(社)日本経済研究センター出向、93年(株)日本総合研究所出向、調査部研究員、2003年経済研究センター所長、05年マクロ経済研究センター所長、07年ビジネス戦略研究センター所長、11年(株)日本総合研究所調査部長、13年法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科客員教授、16年より同兼任講師。この間、2003年法政大学大学院修士課程(経済学)修了、15年京都大学博士号取得。
主要業績に、『失業なき雇用流動化――成長への新たな労働市場改革』(慶應義塾大学出版会、2016年)、『北欧モデル――何が政策イノベーションを生み出すのか』(共著、日本経済新聞出版社、2012年)、『市場主義3.0――「市場vs国家」を超えれば日本は再生する』(東洋経済新報社、2012年)など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

湯元 健治(ゆもと けんじ)

1957年生まれ。1980年京都大学経済学部卒業、住友銀行入行。調査第一部、経済調査部などを経て、1992年日本総合研究所調査部主任研究員海外チームリーダー。1998年経済戦略会議事務局主任調査官、2004年日本総研調査部長、2007年内閣府大臣官房審議官。日本総研執行役員、理事等を経て、現在、日本総合研究所副理事。 <主な著書>『スウェーデン・パラドックス』(共著、日本経済新聞出版社、2010年)、『税制改革のグランドデザイン』(編著、生産性出版、2003年)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading