経営計画の出発点となる重要な予測法がやさしく学べる包括的入門書。統計的方法はもちろんのこと、特に第一線の営業マンや管理職が手軽に使える人間の判断による方法を重点的に解説。

販売予測の知識

定価:本体860円+税
発売日:1993年07月08日
ISBN:978-4-532-10480-1
並製/新書判/218ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

経営計画の出発点となる重要な予測法がやさしく学べる包括的入門書。統計的方法はもちろんのこと、特に第一線の営業マンや管理職が手軽に使える人間の判断による方法を重点的に解説。

目次

  1. I 販売予測の必要性と種類
    II 適用の手順と予測法の選択
    III 勘と経験による方法
    IV 勘と経験による方法の近代化
    V 販売部門合成法と利用者見込調査法
    VI 単純回帰分析法と時系列分析法
    VII 要因分解法による販売予測
    あとがき

著者・監修者プロフィール

小林 健吾(こばやし けんご)

1930年愛知県生まれ。1954年名古屋大学経済学部卒業。1956年同大学大学院経済学研究科修士課程終了。1968年日本会計研究学会賞受賞。1971年滋賀大学経済学部教授。1978~82年公認会計士第2次試験委員。1986年青山学院大学教授。1988年日本会計研究学会太田賞受賞。1989~92年公認会計士第3次試験委員。現  在、青森公立大学教授(大学院)、経営学博士(大阪市立大学)。 <主な著書>「直接原価計算」(同文館)、「受注利益管理」(同文館)、「最新原価計算」(中央経済社)、「原価計算発達史」(中央経済社、昭和56年日経図書文化賞受賞)、「文献研究・直接原価計算」(中央経済社)、「工業簿記」(中央経済社)、「よくわかる原価のはなし」(中央経済社)、「よくわかるダイレクト・コストのはなし」(中央経済社)、「予算管理の基礎知識」(東京経済情報出版)、「予算管理発達史」(創成社)、「原価計算総論(増補改訂版)」(創成社)、「利益計画・予算のための販売予測」(中央経済社)、「予算管理の知識」(日本経済新聞社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading