政府が借金を続けられる理由、赤字会社が仕事を続ける不思議、銀行が少額預金者も大切にするわけ。専門家でも答えにくい経済の「そもそも」を平易に解説。これで経済ニュースが面白くなる。

なんだ、そうなのか!経済入門

定価:本体1,500円+税
発売日:2015年11月20日
ISBN:978-4-532-35675-0
並製/四六判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

政府が借金を続けられる理由、赤字会社が仕事を続ける不思議、銀行が少額預金者も大切にするわけ。専門家でも答えにくい経済の「そもそも」を平易に解説。これで経済ニュースが面白くなる。


広く、深く、そしてやさしくをモットーに、経済の初学者はもちろん、ベテランも楽しみながら経済を考えられます。

目次

  1. 食べ放題は客も店もハッピーな仕組みだが……

    ダイエットの挫折と、貯金ができない理由は同じである

    昼寝にかかる「コスト」を考えてみる

    どうして政府は銀行ばかり助けるのか、不公平じゃないですか

    赤字の仕事も、やったほうがマシなことがある

    で、つまり日本って金持ちの国なの?


    ほか

著者・監修者プロフィール

塚崎 公義(つかさき きみよし)

久留米大学商学部教授。
東京都生まれ。1981年、東京大学法学部卒業。
日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。
主に調査関連部署に勤務した後、2005年に銀行を退職して久留米大学へ。
著書に『増補改訂よくわかる日本経済入門』『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』『老後破産しないためのお金の教科書』など多数。
趣味はフェイスブック。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading